猫の長毛種の毛玉対策は?お手入れの仕方!

長毛種の猫の毛球対策はできていますか?

きちんとお手入れをしなかったら、毛球ができてどうしようもなくなってしまいます。

 

今回の記事は、長毛種の猫のブラッシング、抜け毛、毛球対策を紹介していきます。

スポンサードリンク

自然界の猫は長毛はいなかった!?

長毛種の猫というのは元々突然変異で生まれた猫で、これに人間が手を加えて安定した品種として生み出したものです。

 

つまり野生の猫として自然界で生きていくことは難しく、基本的に人間の世話を必要とします。

 

例えば毛づくろいもその1つで、本来キレイ好きの猫は自分でグルーミング(毛づくろい)します。

そのため、人間がわざわざブラッシングしたりシャンプーしたりする必要はありません。

 

しかし、長毛種の場合毛の量が多すぎて自身のグルーミングでは間に合わないため、飼い主が定期的にお手入れしてあげないとダメなのです。

スポンサードリンク

毛球症が怖い

猫はグルーミングの際に抜けた毛を一緒に飲み込むため、特に換毛期になると胃の中に溜まった抜け毛を毛玉にして吐き出します。

 

飲み込む抜け毛の量も非常に多いため、これが原因で毛球症を引き起こす危険性も高くなります。

 

毛球症はお腹の中で毛が丸まって、かた~くなっていまいます。

すると、腸を進むときに詰まってしまい、腸閉塞を起こすこともあります。

 

  • 激しい腹痛
  • 嘔吐
  • 元気がなくなる
  • 腸が破れる
  • 腹膜炎

こういった症状が出てしまい、最悪の場合には死んでしまうこともあります。

 

毛玉対策のためにも飼い主が毛づくろいをし、飲み込んでしまう毛をできるだけ少なくしてあげる必要があるのです。

長毛種のお手入れ方法

用意するもの

まずは長毛種のブラッシングに必要な道具を揃えましょう。

 

長毛種・短毛種の両方に使える基本となるブラシを「獣毛ブラシ」と呼びます。

 

長毛種の場合は先端がギザギザの毛先が揃っていないハードタイプを選びます。

こういうのです⇒⇒獣毛ブラシ(猪毛・ハード)

 

長毛種は必ずもつれや毛玉が出来ます。

これをほぐすためには、コームはあると良いでしょう。

 

先端で皮膚を傷つけないように注意しましょう。

こういうのです⇒⇒2ウェイメタルコーム

 

ピンブラシもおすすめです。

先端が丸くなっているので、皮膚を傷つけにくいです。

 

注意することは、毛が絡まったり毛球がある場所を無理矢理しないようにします。

痛いので猫がブラッシング嫌いになっていまいます。

こういうのです⇒⇒ピンブラシ

 

スリッカーブラシはとくに抜け毛のシーズンに重宝します。

死んだ毛を取り除くことができ、絡まった毛をほぐすのにも使えます。

 

これも先端で皮膚を傷つけないように注意が必要です。

こういうのです⇒⇒スリッカー ブラシ

 

ファーミネーターもおすすめです。毛が本当にゴッソリと取れます。

これは毎日するものではなく、7~10日くらいずつ行うものです。

 

他のものを毎日使って、ファーミネーターを1週間ごとにという感じで使うと良いでしょう。

こういうのです⇒⇒FURminator ファーミネーター

ブラッシングの方法

ブラッシングは毎日します。

毎日していないと、毛球が絡まりまくって後悔することになるでしょう。

 

ブラッシングは毛の生える方向に沿って行うのが基本。

背中は頭からしっぽにかけてお腹はサイドから中心にかけて、また頭は中心から外側に向かってです。

 

猫が辛抱できる3分くらいで終えるように、スピーディに行いましょう。

また、朝に背中をして、夜にお腹をするといった感じで猫が嫌がりだしたらやめて、こまめにするもの手です。

 

・最初に、ピンブラシもしくはスリッカーブラシを使いましょう。

これは優しくして痛がらないようにします。

 

・毛球が出来ていた場合は、コームで優しくほぐします。

どうしてもほぐれないなら、毛を根元から切ります。(皮膚を切らないように注意!)

 

・そして、最後に獣毛ブラシで全体を整えて終わりです。

 

という感じの順番が良いとは思いますが、猫によっては嫌がってスリッカーブラシが使えない、コームが使えないなどがあります。

また、途中で嫌がりだして最後の獣毛ブラシなんて出来ないということも。

 

とにかく抜けてしまっている毛、すぐに抜ける毛を処理するのが大事なので、スリッカーブラシ、ピンブラシだけでも良いです。

猫が嫌がらないようにしてあげましょう。

いっぱい毛球が出来てしまった場合は

たくさん毛球ができてしまったら、処理するのは大変です。

コームではどうしても、ほぐすことができない場合もあります。

 

基本的には、毛の根元をハサミで切ってほぐすと良いのですが、皮膚を傷つけてしまって病院へ行くということは多いです。

 

毛球がいっぱい出来たときには、バリカンで刈ってしまうのが1番早いです。

そして、2度と毛球が出来ないように毎日お手入れをするようにしましょう。

 

バリカンで刈ったときは、長毛種用のブラシでは皮膚を傷つけやすくなるので、毛が長くなるまで短毛種用のものか先端が柔らかいものを使いましょう。

猫草は用意してあげよう

その他の毛玉対策としては、猫草があります。

ブラッシングではすべてを取りきることは難しく、ある程度は飲み込んでしまいます。

 

これを猫は吐いてスッキリするのですが、猫草が必要です。

長毛種を飼う場合には、必ずいつでも食べられる猫草を用意しておきましょう。

まとめ

長毛種は毛球との闘い、抜け毛との闘いは覚悟しないとダメです。

抜け毛が服についてしまって、取れない・・・というのであれば我慢したり、コロコロして取り除けば良いだけです。

 

猫が飲み込んでしまって毛球症になってしまうと、元気が無くなったり、ツラそうにすることがあります。

自力で吐けないときには、薬を飲んだり手術で取り除く必要が出てきます。

 

これを防ぐためにも、抜け毛のお手入れを毎日してあげましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ