【猫】ロシアンブルーの性格は?抜け毛は?寿命は?値段はどれくらい?

今回は猫の種類のロシアンブルーです。綺麗な毛並みのロシアンブルーですが、どんな性格をしているのでしょうか。

 

また、抜け毛は多かったりするのでしょうか?平均寿命や値段も紹介します。

スポンサードリンク

ロシアンブルーの性格は?

ロシアンブルーの性格は、おとなしい・飼い主に忠実・警戒心が強く臆病といった3つが代表的なものとして挙げられます。

 

別名ボイスレスキャットと呼ばれるロシアンブルーですから、本当におとなしい性格でめったに鳴くことはありませんし、鳴いた時の声も本当に静かなものです。

 

とてもおとなしい性格なので、ペット可の集合住宅や住宅が密集している地域であっても、気にすることなく飼うことが可能な猫種です。

一般的に自由気ままでマイペースというのが猫の性格のイメージですが、ロシアンブルーに関しては少し異なり、犬のように飼い主に対してとても忠実なのです。

 

そのような性格から飼い主に喜んでもらおうとして、飼い主に対して献身的に接してくれるので、初めて猫を飼うという方にはとても適していると言えます。

 

ただ最初のうちはどうしても人見知りをするのでツンとしていますが、徐々に慣れてくれることで愛情深く接してくれるようになります。

 

それからロシアンブルーは、とても警戒心が強く臆病な性格といった一面もあり、家に知らない人が訪問してくると身を隠してしまう習性があります。

 

また警戒心が強く臆病なため、騒がしい場所を嫌う性格があって、静かな場所で信頼できる飼い主とゆっくり過ごしたいタイプの猫です。

スポンサードリンク

ロシアンブルーの抜け毛は?

ロシアンブルーという名前からも分かるように、シルバーの光沢がかったブルーの被毛がひとつの特徴です。

 

そんなロシアンブルーの抜け毛ですが、びっしりと細い被毛が生えていて、普段は抜け毛に対して特に注意する必要はありません。

 

ただ抜け毛のシーズンは、やはり多めにブラッシングしてあげる必要があり、丁寧にブラッシングしてあげると毛艶が良くなってさらに光沢が出てきます。

 

ロシアンブルーの抜け毛は平均的な猫にたいして、少なめでしょう。

ロシアンブルーの寿命は?

かかりやすい病気が特別あるわけでもなく、とても丈夫で健康なロシアンブルーですが、平均寿命は約10歳~13歳程度と言われています。

 

一般的な猫の平均寿命が約15歳程度と考えると短めと言えます。

 

ただ、17歳以上生きていたというロシアンブルーも存在しているので、食事や健康をしっかりと管理してあげると寿命を延ばすことも可能です。

ロシアンブルーの値段は

ロシアンブルーの平均価格は約10万円~15万円くらいですが、若ければ若いほど高く、子猫を購入するとなれば更に高い値段になってしまいます。

 

また購入する場所によって値段にも違いがあって、ペットショップなら大体10万円~15万円程度で平均的な値段なのですが、ブリーダーから購入するとペットショップより若干安くなって約6万円~13万円程度です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ