猫がお風呂中やお風呂あがりに震えるのはなぜ?

猫をお風呂に入れたときやお風呂あがりにプルプルと震えるのを見たことありませんか?

 

あの震えって一体なんなのでしょうか。また、お風呂あがりに震えるということもありますが、なぜなのでしょうか。

スポンサードリンク

猫がお風呂中に震えるのはなぜ?

猫がお風呂中に震えるのは、強いストレスを覚えているからです。お風呂で自由を奪われて、嫌いな水をかけられるというのは、恐怖でしかなく強いストレスなんです。

 

猫はストレスを覚えると震えるので、お風呂に慣れない猫にとっては非常にお風呂場というのはストレスのたまる場所といっていいでしょう。

 

濡れてしまうということだけでなく、お風呂中にシャワーを出しっぱなしにしていると、猫からしてみれば、シャワーの音は雨音と同じなのでストレスを覚えてしまうようです。

WS000066

また、お風呂中にお風呂場に漂うシャンプーの匂いも猫にとってはストレスの元であるといわれています。

 

つまり、猫がお風呂中に震えるのは、お風呂場が猫にとって非常にストレスのたまることが多く起こる場所であり、そのストレスや恐怖によって猫は怖がり震えるといえるのです。

 

これを解消させるためには、日ごろから猫をお風呂場に慣れさせる生活させるというのがいいのです。

 

食事やトイレをお風呂場で済ませてしまうというのが、お風呂に慣れるのに一番良い方法と言われています。習慣をつけて、シャワーの音やシャンプーの匂いに鳴らしていくことが非常に有効な改善方法になります。

 

もちろん、無理にすることはいけませんので、猫に無理のない範囲で行っていくのが第一です。

スポンサードリンク

お風呂あがりに震えるのはなぜ?

お風呂に入れている間では無く、お風呂あがりに震えるのは単純に猫が寒がっているからです。猫は一時的に体温が下がると震えます。

 

猫は基本的に体温が下がると、体温が下がらないように体を丸めたりするのですが、例えば水に濡れているお風呂あがりはどうしてもなかなか体温を上げることができず震えるのです。

 

お風呂あがりはタオルなどでくるんであげて、体温を上げるようにしてあげると、お風呂あがりに震えなくなります。それと部屋の温度は寒くないようにしておくようにしましょう。

WS000092

また、ドライヤーなどを使って乾かすのも有効ですが、パワーは弱で小さい音でドライヤーを使用してあげるといいでしょう。あまり大きな音やパワーを上げてドライヤーを使用すると猫が驚いてしまいます。

 

さらに、一か所にドライヤーの熱を当てると熱すぎてしまいますので、こまめに動かして熱すぎないようにしてあげてください。

 

もう一つお風呂あがりに震える理由としては、やはり強いストレスを受けた影響もあります。お風呂に入れることを慣れさせていくしかありません。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ