猫の喘息の症状と原因とは??治療はどうする?治療費はどれくらい?

愛猫がゼーゼーと息苦しそうにしていたり、くしゃみや突然の咳、吐きそうな様子を見せている時は喘息の可能性があります。

 

猫がゼーゼー言っているけど本当に喘息の症状なのか気になりますよね。

いったいなぜ喘息が起こるのでしょうか。

 

また、猫の喘息を治療する方法と、気になる治療費はどれくらいなのでしょうか。

スポンサードリンク

猫の喘息の症状は

喘息とは、口と肺を繋ぐ気管支が突然収縮し呼吸困難や激しい咳を起こす病気で、気管支炎と症状が似ています。

その違いは気管支炎の場合その症状が長く続くのに対し、喘息の場合、気管支の収縮が一時的なので、その症状も30分ほどで治まるという点が異なります。

 

猫の喘息で見られる症状としては、ゼーゼーという呼吸困難の他に、くしゃみ酸素不足によるチアノーゼ(舌などの粘膜部分が紫になる)、吐くようなしぐさ(しかし実際には何も吐かない)などがあります。

 

発作がひどければ呼吸不全になり命にかかわることもありますが、そのような重症の場合には飼い主が見てもそれと気づくはずです。

一方、時々首を伸ばして発作的に咳をする程度の比較的症状の軽いものもあり、よく見ていてあげないと飼い主も気づかないようなこともあります。

スポンサードリンク

猫の喘息の原因は

これは猫にも発症することのある病気で、猫の場合はアレルギー性の喘息であることが多いとされています。

 

そもそもアレルギーとは体内に侵入してきた異物に対し、体の免疫機能が過剰に防衛反応を起こします。

そして炎症や湿疹、咳やくしゃみ、鼻水などを引き起こします。

 

アレルギー性喘息の場合、体内に入って来た異物(アレルゲン)に対して免疫機能が過剰反応し、気管支を収縮させてしまうというわけです。

 

この「異物」つまりアレルゲンとなり得るものは様々ですが、例えばタバコの煙や塗料などの化学薬品、ダニやフケ、香水や花粉などが挙げられます。

しかしアレルギー性でない喘息もあり、その場合に考えられる原因としては、季節によるもの、冷たい空気、ストレス、感染症、薬といったことが原因として考えられます。

 

猫の喘息を予防するには

猫の喘息を予防するためには、その原因となっているアレルゲンや冷たい空気などに触れさせないのが一番なのですが、猫の場合は特にアレルゲンの特定は難しいと言われています。

幾つかの物質が複数でアレルゲンとなっている可能性もあり、そうであればアレルゲンだけを全て排除するということはまず不可能でしょう。

 

飼い主にできる予防策としては、掃除を小まめにして空気清浄機や加湿器も使用し、できるだけハウスダストやダニなどが室内に飛び散らないようにしておくことです。

 

また、気温や湿度の変化が引き金となることもあるため、室内環境を常に一定に保ってあげましょう。

 

猫の喘息の原因を特定する

愛猫が喘息を起こしたなら、その時の状況や場所をよく観察してください。

何度か観察しているうちに原因となっているものに気づくかもしれません。勿論、喘息を起こしたなら、すぐに獣医さんに診てもらいましょう。

 

獣医さんに症状を口頭で伝えるのが難しいこともあるので、症状を見せている時に動画を撮っておくと良いかもしれません。

喘息なのか他の病気なのかを判断しやすくなります。

 

症状から猫喘息と判断されたなら、その原因を突き止めたり、今現在の状態を把握するために血液検査やレントゲン検査を行います。

飼い主は喘息を引き起こした時の環境や猫が接触したものをよく観察して記録しておき、これを何度か繰り返していくうちに共通項を探り出すことができます。

 

アレルギー性の喘息であれば、例えば化学薬品や花粉、ダニ、殺虫剤などのアレルゲン。

非アレルギー性であれば冷たい空気やストレス、煙や粉塵など。

喘息の引き金となる要因が浮き彫りになってくるでしょう。

 

記録したものを獣医さんに見せれば、飼い主では気づかなかった喘息の原因を指摘してもらえるかもしれません。

 

原因を突き止めることができれば、今後はできるだけそれらに触れないように注意することができます。

 

猫の喘息の治療法は

喘息の治療は主に投薬治療となりますが、呼吸困難がひどいようなら緊急に酸素吸入が行われることもあります。

投薬治療に使用される薬としては、

 

  • 例えば気管支の筋肉の収縮を抑え気管支を広げて呼吸しやすくする「気管支拡張剤」
  • 交感神経を刺激し気管支筋を緩ませる「エピネフリン」
  • アレルギー性であればストロイド剤などの抗アレルギー薬

 

が挙げられます。

飼い主は、病院で処方されたこれらの薬を獣医さんの指示通りに飲ませ、猫の状態によっては安静にさせておくこと、またアレルゲンなど喘息の原因であろうと思われるものを居住環境から排除してあげることで、治療に役立てます。

 

猫の喘息の治療費は

愛猫の命には換えられないとはいえ、獣医さんにかかるとなると気になるのが治療費かもしれません。

動物は保険適用対象外なので、動物病院によって費用はマチマチなのですが、一般に初診だと様々な検査が必要になるため大体合計で5~6万円かかってしまうようです。

 

ただ、症状が比較的軽くそれほど多数の検査や治療を必要としない場合には、病院によっては1万円程度で済むこともあるようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ