猫の夜鳴きはなぜ!!子猫、成猫、老猫で理由は違う?

猫の夜鳴きってどうしたんだろうと心配になったり、止めてほしいと思いますよね。

 

まずは、いったいなぜ猫が夜鳴きをするのか知っておきましょう。子猫、成猫、老猫で理由が違うんです。

スポンサードリンク

寂しい気持ちで夜鳴き

猫が夜鳴きをするのにはきちんとした理由があり、また子猫・成猫・老猫によってそれぞれ異なる理由があります。

 

子猫が夜鳴きをするのは、子猫を譲り受けた時や他人から預かった時に見られる傾向があります。

 

夜鳴きをする理由は、親猫や飼い主と離れてしまって、いつもの環境から急に別の環境になったことにより、寂しさや不安を感じてしまっているからです。

スポンサードリンク

空腹で夜鳴き

お腹がすいた空腹感から夜鳴きをするケースもあり、これは夜鳴きの理由としては比較的多いといわれていて、子猫や成猫にみられる理由です。

 

本来、猫の食事の量には適正量というものがあるのですが、猫も個体差があってもっと食べたいと感じる場合があります。

 

多頭飼いの場合には様々な状況から十分に食べられないこともあります。特に1歳~5歳までの成猫は最も食べ盛りなので空腹感から夜鳴きをするケースもあるのです。

 

本能的に夜鳴き

また、本来獲物を捕らえる肉食動物である猫は基本的に夜行性なので、夜鳴きをしたり夜に行動したりすることに、特別な理由がないということも考えられます。

 

夜に活動的になってしまうのは、猫の本能行動で、狩りの時間であった時代の名残りとも言われています。

 

これと同じように夜になると、いきなり走り回る運動会が始まるのも同じ理由からです。

 

また、元々野良猫だったり外の世界を知っている猫だったりすると、外に出たいから夜鳴きをするケースがあります。夜になって外に出たいという気持ちになることも考えられることです。

ストレスから夜鳴き

昼間に十分遊ぶことができなくて運動不足になっている影響も考えられるので、子猫や成猫の夜鳴きの理由が運動不足であることも十分に考えられることです。

 

それからトイレが汚いことで夜鳴きをすることもあります。

 

猫はきれい好きな動物なのでトイレが汚いとそれが大きなストレスになってしまうものなのです。なぜ猫が夜鳴きをするのか理由が分からない時には、トイレをチェックしてみるのも大切です。

 

ホルモンバランスから夜鳴き

それから成猫の夜鳴きの理由として、出産や去勢手術など大きな肉体的変化に伴うホルモンバランスの変化が、夜鳴きの原因につながっている可能性もあります。

 

どうしてホルモンバランスが変化すると、夜鳴きするかまでは分かっていませんがホルモンバランスが変化する出来事がきっかけで夜鳴きするようになることも多いです。

 

加齢からくる夜鳴き

8歳以上の老猫に多い理由ですが、病気によって夜鳴きが引き起こされているケースもあり、近年老猫の夜鳴きに悩まされているといった声が急増しているのです。

 

この老猫が夜鳴きをする原因として、老化による認知症・アルツハイマー・甲状腺機能亢進症などの病気が関係していると考えられています。

 

食生活や生活環境から猫の寿命も延びてきていることからはっきりと認定されてはいませんが、人間と同様の症状が猫にも発生していると言えるような状態なのです。

 

今まではおとなしかったのに急に夜鳴きをするようになった8歳以上の老猫は、確認のためにも早急に病院で診てもらうことも大事です。

まとめ

猫が夜鳴きする原因でもっとも多いと言われているのがストレスです。猫が夜鳴きして困っているというのであれば、まずはストレスがかかっていなか考えてみましょう。

 

しっかりスキンシップをとっているかどうか、トイレが汚れていないかもう一度確認してみましょう。

 

また、年齢を重ねてから夜鳴きするようになったのであれば、病気を抱えている可能性が高くなってきます。この場合は、獣医師に相談してみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ