夜行性じゃない猫もいる?夜行性対策で直すこともできる?

猫って夜行性だから、人が寝る時間に暴れまわるのは仕方ない・・・なんて思っていませんか?

 

中には夜行性じゃない猫ってけっこういるんです。飼っている猫が夜行性だと困ることもあるので、どうにか直していきたいものです。

スポンサードリンク

夜行性じゃない猫もいる?

本来、猫は獲物を捕獲して食べる肉食動物で、夜の方が狩りがしやすいために夜に活発的になる夜行性の動物です。

 

夜行性と言っても日中は何もしないで寝ているだけではなくて、昼にも多少は運動をするなどの活動はしています。

 

基本的には、肉食動物の本能から猫は昼間は寝て、夜に活動することが多い動物です。

でも、全ての猫が夜行性というわけではありません。室内のみで飼われている猫は夜行性じゃないことが多いのです。

 

その理由は、猫には人間の生活パターンに合わせるといった賢さがあって、飼い主の生活パターンに合わせて生活することができるからです。

 

しかし家で飼っている猫の中には、外へ自由に出ることが許されているケースがあり、この場合には猫の本能といえる夜行性のままの猫もいます。

スポンサードリンク

猫の夜行性対策は?

飼い主の中には、猫が夜行性で寝たい時間に暴れまわるということで悩まされている方も多いようです。

 

こんなときには何らかの対策で夜行性を直すことはできないのかと考えるでしょう。では具体的に、夜行性を直す対策としてどのような方法があるのか紹介していきます。

 

先にも触れましたが室内だけで飼われている猫は、飼い主の生活リズムに合わせることができます。

 

その点を考えると夜行性を直す対策として、完全に室内で飼うという方法です。これが難しいのであれば、夜には外には出さないようにします。

そして、人間の子供と同じように日中、夜の寝るまでの時間ににたくさん遊んであげることも必要です。猫が疲れ果てるくらい寝る前に遊んであげれば良いのです。

 

猫が夜行性になるのは本能的に狩りの時間になるからです。

 

寝る前くらいの時間に猫じゃらしなどで遊ばせることで、狩りの本能が満たされるので、その後には寝てくれることが多いのです。

 

これを習慣にすることで夜行性を直すこともできます。

 

疲れるまで遊ぶ目安としては、猫が水を飲むまでです。猫は疲れると一息入れるために、水を飲みにいきます。

そして、もうひとつの対策としては寝る前に食事を与える方法です。

 

満腹になると眠くなるという習性を利用して直すことできます。これも狩りをして食事をしてから寝るという本能を満たすということになります。

 

ただ、この方法は餌をあげるタイミングを考え直す必要があります。1日に2回与えているのであれば、量を調節して3回に変更するなどしましょう。

それから、寝る前になったらケージに入れるというのも、夜行性を直す対策の1つです。

 

最初はケージに入れると出してくれと鳴くので残酷なことをしていると感じてしまいますが、そこを我慢して習慣にすると猫も徐々に何とも思わなくなります。

 

そうすることで夜行性も自然と直すことができるのです。

 

猫の夜行性は直すことができるものです。1度夜行性が治ってしまえば、生活リズムがそうそう狂うことはありません。

 

すぐには治らないので、1週間くらいは根気よく直す方法を試してみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ