猫がたまにくしゃみするのは元気があれば大丈夫?

猫がくしゃみをしていたら大丈夫かな?と心配になるかもしれません。猫がたまにくしゃみをするくらいなら大丈夫なんでしょうか?

 

どういうときなら大丈夫と言っていいのでしょうか。

スポンサードリンク

猫がくしゃみをするのは風邪のせい?

猫がたまにくしゃみをしたからと言って、それがネコ風邪の症状とは限りませんが、連続してくしゃみをしていたり鼻水や目ヤニがひどい、口内炎が見られるなどといった他の症状も伴っていたりする場合には、細菌やウィルスに感染している恐れがあります。

 

くしゃみを伴うネコの病気で代表的なものは「猫カリシウィルス感染症」「猫ウィルス性鼻気管炎」「猫クラミジア感染症」「クリプトコッカス症」の4つで、中には放っておくと命に関わるものもあるため、症状をよく見て異常に気がついたなら早めに獣医へ連れて行くことをお勧めします。

 

くしゃみだけでなく、目やにがでている、元気がない、食欲がないなどの症状があるなら、病院へ。猫のくしゃみが出る病気はこちらの記事へ↓↓

猫のくしゃみが止まらない病気とは

スポンサードリンク

猫がたまにくしゃみをするのは?

こういった感染症に見られる特有の症状が出ていなければ、前述の通りたまにくしゃみをするくらいで病気を疑う必要はないでしょう。

 

くしゃみとは猫に限らず人間も含め、鼻の中に入り込んできた異物を体外へ押し出すための生理現象であり、正常な反応です。

 

猫がたまにくしゃみをする原因にはいくつもあります。猫の鼻を刺激するようなことがあればくしゃみをしてしまうのです。

 

埃っぽい所にいて埃が鼻の中入ったとき

毛繕いをしますが、この時鼻の中に自分の毛が入ってきた

暖かい所から寒い所へ移動した時

たばこ・芳香剤の匂いが鼻の粘膜を刺激

鼻にゴミが入った

 

こういった刺激があると猫はクシュンとくしゃみをしてしまいます。こんな時のくしゃみは一度から数度したら落ち着きます。

 

たまにくしゃみをしていて、だけどいつもと変わらず元気そうにしているようであれば基本的に何の問題もありません。

 

ただし、大丈夫だからと放っておくとこういった埃や匂い、気温の変化などが猫のストレスになってしまうこともあるので、できれば生活環境に気を配り、原因となっているものを取り除いてあげると良いでしょう。

 

猫にはアレルギーでくしゃみをすることもある

猫の生活環境によっては、アレルギーを引き起こしてそれがくしゃみの原因になっていることもあります。

 

例えばノミやダニ、ハウスダスト、更にはある種の食品がアレルゲンとなって体内でアレルギー反応を起こし、くしゃみや鼻水が止まらない場合があります。

 

アレルギーは前述のような感染症ほど重篤ではないかもしれませんが、放っておいても大丈夫というわけでもないので、やはり獣医に診てもらった方が良いでしょう。

 

ステロイド剤の投与と食事療法、アレルゲンを取り除くために飼育環境を整えて清潔に保つようにすることで改善されていきます。

 

特に猫の場合、植物の種が鼻に入って炎症を引き起こすことが多いため、外飼いをしているならしばらくは「外出禁止」にして、お部屋の中だけで過ごさせるようにしましょう。

 

アレルギーの場合は原因がハッキリしていないことも多く、難しいかもしれませんが、きちんと処置をとりさえすれば、それほど神経質になる必要はありません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ