猫の年齢別の平均体重は?測り方は?

猫の成長が順調かどうかって気になりますよね。目安になるのはやはり体重です。

 

年齢別に平均体重を紹介するので、参考にしてみてください。また、猫の体重の測り方も紹介します。

スポンサードリンク

猫の年齢別の平均体重

誕生したばかりの赤ちゃん猫は約100~120g

生後1週間で約200~250g

生後2週間で約250~300g

3週間で約300~400g

生後1ヶ月で約400~500g

生後2ヶ月で約950~1000g

生後3ヶ月で約1~1.5kg

生後6ヶ月で約2.5~3kg程

生後9ヶ月で約3~3.5kg

1歳になると約3.5~4.5kg

 

ただし、この年齢別の平均体重は一般的な猫の体重なので、シンガプーラのような小型の猫やメインクーンなどの大型の猫種には該当しません。

通常、猫の骨格が成長するのは、生後10ヶ月~1歳頃までで、生後8ヶ月頃には猫の体重は大人の猫の平均的な体重近づいてきます。

 

それからは多少の体重増加が見られる程度となります。

 

そして年齢が1歳になる頃には体重の増加がほとんど見られなくなって落ち着きますが、4歳頃まで体重が増え続ける猫もいます。

 

このことから一般的には1歳の体重が猫の平均体重と考えられ、一般的な成猫なら平均体重は約3.5kg~4.5kg程度です。

 

またシンガプーラのような小型の成猫は約2.0kg~3.5kg程度で、メインクーンなどの大型の成猫は約4.5kg~8.0kg程度が平均体重として考えられています。

スポンサードリンク

猫の体重の測り方は?

猫の体重測定は、赤ちゃんの時は1週間に1回、その後は月に1回程度は最低限測定するように心がけると良いです。

 

ただし、おとなしく体重を測定させてくれる猫は少ないので、測り方を工夫する必要もあります。

 

特別ペット用の体重計でなくても測り方には様々な方法があるので、いろいろと試して適した測り方で測定してあげると良いです。

 

一番楽で猫に対してもストレスや負担がない測り方としては、飼い主が猫を抱っこして測定し自分の体重を引く方法です。

 

これなら抱っこが嫌いな猫でも短時間なので問題ないですし、飼い主に抱かれていれば猫も安心します。

しかし、生後1ヶ月までの赤ちゃん猫の場合には、g単位の成長なので適さない可能性があります。

 

調理用の量りを使えば、赤ちゃん猫くらいなら測れるので、容器などに入れて測定してみましょう。

 

その他の測り方としては、普段から慣れているキャリーケースに入れて測定しキャリーケースの重さを引くといった方法があります。

 

また洗濯ネットに入れて測定すると言う方法もあり、動きが制限でき、軽いので簡単に測定することも可能です。

 

ただ、洗濯ネットに入れられることが苦手で恐怖心を感じる猫もいるので、嫌がる場合には無理に使用しないようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ