猫がテーブルの上に乗るのをやめさせるには?しつけ方法は?

飼い猫の困った行動の中に、「テーブルの上に乗る」というものがあります。

猫の行動として高い場所に登るというのは当たり前なので、やめさせるのは難しいです。

 

それでも、猫に乗ってほしくない場所があるなら、しつけていく方法があるのでポイントを紹介します。

スポンサードリンク

まずは怒るのはNGであることを知っておこう

猫がテーブルに乗るのをやめさせるために、叩いたり大声で怒鳴ったりするのはNGです。

 

叩かれたり怒鳴られたりすると驚いて一時的にテーブルから飛び降りるかもしれません。

しかし、そもそも悪いことをしているという意識のない猫にしてみれば「突然攻撃された」と感じるだけです。

 

叩いたり怒鳴ったりした飼い主を「要注意人物」と見なして近寄らなくなってしまいます。

そうならないとしても、猫にとっては強いストレスを与えてしまうので要注意です。

 

ストレスはいろいろな病気などを引き起こす大きな原因なので、猫を怒るというのはどんな場合でもやめるようにしましょう。

スポンサードリンク

猫がテーブルの上に乗るのをやめさせる!しつけ方法

他のしつけでもそうですが、基本は「これをやると嫌なことが起こる」と猫に覚えさせることです。

 

いくつか紹介しますが、どれをするとしても声を出したりせずに、淡々としていきます。

また、したりしなかったりはダメ。とにかく必ず継続して根気よくしていきましょう。

テーブルを揺らす

猫が「テーブルに乗ると嫌なことが起こる」と思わせる1つの方法は、

猫が飛び乗った瞬間すぐにテーブルをグラグラと大きく揺らすことです。

 

揺れる場所が大嫌いな猫は、テーブルに乗るたびにグラグラと揺れればそのうちテーブルを不快な場所として覚えるようになります。

テープで嫌がらせ

もう1つの方法は

テーブルに両面テープなどを貼り、猫が上がったら足の裏がペタペタと何かがくっつくように感じさせるのも1つの方法です。

 

猫は足の裏が汚れることを嫌うので、何かがペタペタくっつくのは非常に不快なのです。

 

ただ、いちいちテープを貼ったり剥がしたりするのも面倒なので、テーブルの大きさに切ったダンボールなどにテープを貼り、猫に乗って欲しくない時だけ置いておくと良いでしょう。

 

※ガムテープを使うのは、猫の身体にくっつくとはがすのに大変なので使わないほうがよいです。

霧吹きを使う

猫がテーブルに乗ろうとする瞬間、飛び乗った瞬間に後ろから霧吹きで水をかけるという方法もあります。

 

これも他の方法と同様タイミングが大切です。

タイムラグができてしまうと猫はテーブルに乗るという行動と不快な出来事とを結び付けて考えることができません。

 

また水をかけてくるのが飼い主だと分かれば前述の通り「嫌なことをする要注意人物」と見なすようになるため、猫にばれないように後ろからというのもポイントです。

他に登ることができるものを用意する

何故猫がテーブルの上に乗りたがるかその理由が分かれば、それに代わる行動をとらせるのも1つの手です。

 

例えば高いところに登りたいだけならキャットタワーを用意してあげられます。

(猫は昇り降りの行動が大好きです。)

 

高い所に登るためのステップとしてテーブルを使っているのなら、テーブル以外の何かをステップ代わりに使わせることもできます。

 

飼い主のそばにいたいがためにテーブルに乗るのであれば、テーブルの傍に飼い主の顔が見えるくらいの高さの椅子などを置きます。

「テーブルはダメだけどここなら良いよ」と教えてあげると良いでしょう。

まとめ

猫は高い場所にとにかく登りたがります。

これをやめさせるようにしつけるのは、大変なので継続して根気よくしていきましょう。

 

ポイントは『テーブルの上に乗ると嫌なことが起こる』。

これを覚えさせていくだけです。

 

絶対に飼い主さんが怒ったり、叩いたり、大声を出したりすることがないようにしつけてください。

 

これが出来ないのであれば、猫は登るもの・・・。と諦めてしまったほうが気が楽です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ