いったいなんだ?猫が白い虫を吐く!?お尻・便に白い虫!?

猫の寄生虫の中で白い虫が見えることがあります。

 

吐いたものやお尻の周り、糞便中に白い虫がいたときには一体なんなのでしょうか。

スポンサードリンク

猫は、色々な寄生虫に感染する危険にされされています。飼い主がいくら気を付けても仕方のないことも多くあります。

 

いつも見てあげて、おかしいと思ったら動物病院で診てもらいましょう。猫につく寄生虫はマダニなどの皮膚に寄生するものだけでなく、主に腸内などのお腹の中に寄生するものがあります。

 

この中には白い虫が便にまざったり、お尻から虫の頭が見えたり、嘔吐したものの中にいたりするものあります。どんなふうに白い虫が見えるのかそれぞれ紹介していきます。

 

お腹に寄生するものとしては、いくつかありますが、白い虫を吐いたり、お尻や便に白い虫が見える種類は猫回虫、瓜実条虫、マンソン裂頭条虫などの条虫症があります。

スポンサードリンク

猫回虫

猫回虫は、感染していても症状が現れにくい厄介な回虫です。猫の小腸に寄生して、食べた物の栄養分を横どりします。

 

そのため、成猫では軽い下痢が見られたり、いくら食べても太らなかったり、逆に痩せていったりすることで発覚します。毛のつやが悪くなるなどの症状が現れます。

 

子猫では下痢や軟便を繰り返して、体重が増えず発育不良となります。

 

回虫の幼虫を吐き出すことがあります。また糞便の中にも出てくることがあります。これは3~5センチくらいの白くて細い虫です。

 

白い虫を猫が吐いたり、便中に見えたらすぐに病院に連れて行きましょう。回虫は、外の地面や水たまりなどに長く生存して感染主を待ちます。猫がこういった水を口にすることで感染します。

 

また感染しているネズミを捕食することでも感染します。回虫症では駆除薬を投与します。下痢などの症状に対しては対症療法も行います。

 

多頭飼いの場合には他の猫にも感染している可能性がるので、すべての猫を検査をしましょう。

WS000002

参照:http://www.ayabe-ah.com/

瓜実条虫

瓜実条虫の場合はお尻の周りに白い米粒、白いゴマ状のものが出てくるのが特徴です。これは片節といって条虫の一部で、中には卵がいっぱい詰まっているのです。

 

もちろん糞便の中にもこれが見えることはあります。これは白っぽくて活発に動きます。まるで便にウジ虫がたかっているように見えます。これが乾燥してくると白いゴマ状のものになってくるのです。

 

この虫はノミを介して猫に寄生します。多頭飼いの場合には、これによって他の猫にも感染していきます。そのため、ノミを駆除するとともに駆除薬を投与して治す必要があります。再感染しないように注意しましょう。

 

症状は下痢が起こるくらいで、症状が出ないこともあります。猫の栄養分が取られるので駆虫してあげましょう。

WS000003

参照:http://www.nekohon.jp/

マンソン裂頭条虫

マンソン裂頭条虫は嘔吐した中や糞便の中に細長い白い虫として出てきます。平べったいきしめんのように見えることもあります。

 

カエルやヘビを食べることで感染する条虫の中まで、嘔吐や下痢を引き起こします。マンソン裂頭条虫は濃度の濃い駆虫薬を使わないと死にきらないので、駆虫後の再検査は必ず行いましょう。

WS000004

 

細くて長いヒモ状の虫がお尻から出ていたりする場合は何らかの条虫であることがほとんどです。放置していても治ることはないので、病院で診てもらいましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ