猫はしっぽで気持ちを表す?今どんなことを考えてるの?

猫がしっぽを振っているのはよく見る光景です。他にもしっぽをピンと立てる時もあります。実はしっぽの状態を見れば猫の気持ちをある程度知ることができるんです。

 

今の猫がどんなことを考えているのか、しっぽから判断してみましょう。

スポンサードリンク

しっぽが垂直にピン立ち

たとえば、垂直にぴんと立てている時は嬉しいとき、甘えている時です。帰宅したときなどに、スリスリと頭をこすりつけてきているときに、しっぽを立てていることが多いでしょう。

 

あまり、近づいてこないときでも、しっぽが垂直にピンと立っていたら嬉しい気持ちでいてくれています。

 

しっぽの毛が逆立つ

しっぽの毛を逆立てている時はびっくりした時です。警戒心が強い場合はよくこのような状態になります。

 

こんなしっぽになっているときには、いわゆるイカ耳になっていることも多いですよ。

 

しっぽの毛が逆立って2~3倍の太さになる

 

 

イカ耳になっている猫

 

猫のしっぽだけでなく、背中の毛も逆立っていたら、攻撃態勢に入った時です。こんな時には近づいたり抱こうとしない方がいいです。

 

しっぽを股の間に入れる

また、足の間に挟んでいるときは、何かにおびえていることがわかります。この状態でうずくまって他の猫と対峙している時や、ご主人の前でこのようにするのは弱気になっている状態です。

 

こんな時にもあまり、構ったりせずに落ち着くまで待ったほうが良いでしょう。

 

しっぽをダラっと下げている

攻撃はしないという気持ちを表しています。また、叱られてしょんぼりしているとき、体調が悪くて元気がない時には、ダラっと下げています。

 

なんでもないときにも下げていることもあります。


スポンサードリンク


しっぽを振っている

立った状態で左右にゆっくり振るのは何かに興味を持っているときです。視線の先を見れば何に興味があるのかわかります。

 

もし、激しく大きく振っていれば強さをアピールして戦闘態勢に入っています。

 

また、座ったままバタバタと激しく動かしているときは、不機嫌でいらいらしている状態で、立ってしっぽを早く動かしているときも怒っていたり、イライラしているときです。

 

犬はしっぽを激しく動かすと喜んでいるのですが、猫の場合は機嫌が悪い時なので、かまわないでそっとしておいたほうがいいです。

 

また、寝そべってゆっくり振っているときはリラックスしています。

抱っこしたときに身体にピタッとついている

抱いたときにだらっと下がっているときは安心している状態ですが、お腹を上にして抱いたとき体ににぴったりつけているときは、緊張していたり怖がっている状態です。

 

また、抱かれたときにゆっくり動かしていれば機嫌がいいですが、早く動かしてる時は嫌がっています。そんな時はムリに抱き続けないで、自由に動けるようにしてあげましょう。

 

小刻みに動かしている

猫が座った状態で尾の先だけを小刻みに動かしているときは獲物を見つけた時です。何も考えずにぼんやりしているときも微妙に動くことがあります。

 

しっぽを少しだけ動かす

眠っているときに声をかけると一瞬動かすことがありますが、これは起きるのが面倒なので一応返事をしているということです。

 

しっぽが動いているなら、きちんと声をかけられていることが分かっていますよ。

 

まとめ

猫のしっぽの振り方には様々な意味があります。意味を知っていると、そっとしておいた方がいいのか、遊んであげればいいのかがわかります。

 

猫の気持ちを察知できればより一層仲良くしていくことができるでしょう。毎日観察して、すぐに猫の気持ちが分かるようにしていきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ