猫に生理がないけどいつからあるの?どんな周期?症状は出血?

猫には生理があるかないのか知っていますか?いつから生理は始まるのでしょうか?

 

どんな周期になっているのか、症状は何があるのでしょうか!猫の生理について紹介していきます。

スポンサードリンク

猫には生理が無い?性周期はどうなっている?

同じ哺乳類なのですが、人間や犬と違ってメス猫には周期的な生理というものがないのです。

 

生理が無いってことなんですが、どのようにして生理が起こって赤ちゃんを作っているのでしょうか?

 

メス猫は約半年から1年で子供を作ることが出来るようになります。そして、猫には発情期があり、2~4月と6~8月くらいに起こります。

 

この発情期になると、オス猫とメス猫が交尾をします。この交尾の時にメス猫は排卵するようになっているのです。

スポンサードリンク

オス猫の生殖器の根元についているトゲで刺激を受けた時だけ排卵するといった交尾排卵なのです。

 

この交尾排卵というのは、周期的な生理がなく、出血することもないことから子宮などに対して大きな負担をかけることがありません。

 

交尾した時に多くの卵子を排卵できるため、妊娠の確率が高くなることから確実に赤ちゃんを作ることができるのです。

 

子孫を残すという点で優れている方法なのです。

人間の生理のように出血はしない!発情期の症状は?

このように猫には、人間や犬と違って周期的な生理がないので、メス猫の陰部から出血することはないという点を飼い主としては認識しておくことは重要です。

 

メス猫の行動は発情期になると普段の時と違って活動的になりますし、それと共に食欲も旺盛になってくるのです。

 

この変化は発情期のための準備なんです。

 

  • 卵子を作るために栄養を蓄えること。
  • オス猫に対して意識しマーキングをすること。

 

このために活動的になって、食欲が増えるのです。このような変化の期間は5日から20日程度あります。

 

それが過ぎると5日から2週間ほどの発情期を迎えることになります。

この時期になるとメス猫のホルモンバランスが変化して、マーキングなどオス猫を意識した行動をとるので、妊娠させる考えがないのなら要注意の期間になるためしっかり観察することが必要です。

 

先にメス猫の陰部から出血することはないことをしっかり覚えておくことが重要と言ったのは、メス猫から出血が見られる場合は泌尿器や子宮の病気の可能性があるからです。

 

もしも、メス猫のお尻や陰部から出血していたり、尿や糞に血が混入しているときには、早い段階で動物病院に連れて行って検査してもらいましょう。

 

生理と勘違いして何も対処をしないことや自然治癒を期待してそのまま放置しておかないようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ