猫に魚の刺身を与えても大丈夫?ダメな魚もある?

猫と言えば魚が大好物というイメージがあります。食卓から猫に刺身をあげることもあるかもしれませんが、大丈夫なのでしょうか。

 

今回は猫に魚を与えるとどんなことがあるのか紹介します。

スポンサードリンク

猫に魚の刺身は大丈夫?

刺身は、種類を選んでたまに少しだけあげるのは問題ありませんが、定期的に与えると猫の健康に害を与える可能性があるのです。

 

消化に悪い

まず、刺身は消化が悪いので与えすぎると下痢をしてしまいます。食べ過ぎてしまって、吐いてしまうということも少なくありません。

 

ビタミンE欠乏症

また、火を通したものでもあげすぎるとビタミンE欠乏症になります。

 

マグロやカツオなどの赤みの魚やアジ、ブリ、サンマ、イワシ、カツオなどの青魚には不飽和脂肪酸が含まれていますが、多量に摂取するとビタミンEが破壊され、イエローファット(黄色脂肪症)になってしまうのです。

 

この病気は腹部に脂肪のしこりができるもので、これができると痛みがあるのでお腹を触られるのを嫌がり、歩き方もおかしくなります。

 

ビタミンB1欠乏症

刺身の与え過ぎが良くないもう一つの理由は刺身の中にはチアミナーゼというビタミンB₁を分解してしまう成分が含まれているからです。

 

ビタミンBが不足すると食欲がなくなったりけいれんを起こしたり大声で鳴き続けるという神経症状が出ることがあります。

 

チアミナーゼは生の貝類、タコ、イカ、淡水魚に含まれています。

光線過敏症

また、猫が貝のサザエやアワビの肝を食べると光線過敏症になることもあります。この中にはフェオフォルバイドという成分が入っています。

 

この成分は紫外線に当たると活性酸素を発生するので、炎症や壊死などの原因になってしまいます。

 

猫がこのフェオフォルバイドを摂取して、紫外線に当たると全身の毛が抜けたり、耳が壊死することもあります。

 

寄生虫

寄生虫は、冷凍すれば死滅するのですが、家庭用の冷蔵庫では死滅しない可能性があるので、与えるなら過熱して与える方がいいです。

 

アニサキスという寄生虫は海水魚に多く寄生しているのですが、口から入ると胃腸を食い破るので、激痛が走ります。

 

また、淡水魚には寄生虫が多いので過熱するようにしましょう。

 

塩分と骨にも注意

また、塩分の摂り過ぎも良くないので、刺身を与えるときに醤油やワサビがついていなか確認してから与えます。また、しめさばなど味がついたものは与えないようにします。

 

骨もなるべく取り除いて与えるようにしましょう。骨が刺さってしまって食道に炎症が起こるという事故も少ないが起こる可能性があります。

 

魚の中には猫に与えても比較的問題ないものもあります。たとえば、タイやヒラメ、タラは与えても大丈夫です。ただ、どの魚にも寄生虫がいる可能性があるので過熱してからのほうが安心です。。

 

結論としては、与えるならどの魚でも良いですが、猫にとってどうしても必要なものではありません。どうしても欲しがる場合だけ、過熱したものを1口程度与えるのがいいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ