猫は留守番が寂しい?させるのは何日までが限界?

猫に留守番をさせるのってどうなんでしょうか。

猫が寂しがっていないか気になりませんか?

 

また、いったい何日までの留守番が限界なのでしょうか。

スポンサードリンク

猫は留守番が寂しい?

犬は独りぼっちにされると寂しくて仕方ありませんが、実は猫は元々社会性に乏しく単独行動をする生き物なので、独りぼっちのお留守番もそれほど苦痛ではありません。

 

自分の縄張りにいれば安心し、知らないところには行きたがらないので、飼い主と一緒に旅行に出かけるよりは、むしろ独りでお留守番する方を好むのです。

 

ただ、生まれたときからずっと飼い主と生活し、ご飯をもらったり遊び相手になってもらったりしていた猫なら、やはり長期間独りにされると辛くなってしまうでしょう。

 

中には、飼い主と引き離されると異常に不安がり、破壊行動をとってしまう「分離不安」という症状を見せる猫もいて、そのような子には突然留守番させることはできません。

 

分離不安の症状はいくつかありますが、留守番のときだけ物を壊す、トイレを失敗するなどの問題行動を起こしやすいのが特徴です。

分離不安の症状のある猫は、まず日ごろから少しずつ飼い主がいない状況に慣れていく必要があります。

スポンサードリンク

猫の留守番は何日まで?

猫を独りでお留守番させるなら、最長2泊3日、それ以上になるなら他の手段を考えた方が良いでしょう。

 

 

普通の猫なら2泊3日以内のお留守番は平気だとしても、餌と水、トイレの3つのライフラインは確保しておく必要があります。

 

当然留守にする日にち分だけ水と餌を用意しておかなければなりませんが、特に水はひっくり返してしまうともう飲めません。

自動給水器や自動給餌器を使い、時間が来れば自動的にエサや水がお皿にセットされるようにタイマーをセットしておくと良いでしょう。

 

自動給水器がないならせめてお水を3~4ヵ所別々に用意しておいてください。

 

トイレは旅行の直前にキレイな砂に変えておき、やはり3ヵ所くらい用意しておくことをお勧めします。

猫は綺麗好きで、汚いトイレで用を足したくない生き物なので、旅行の間にトイレが汚れてしまうと、トイレ以外の場所に粗相してしまう可能性があります。

また、暑くも寒くもない気候の良い日なら良いですが、夏場や冬場は部屋の気温にも気を付けましょう。

特に夏場は、熱中症にならないようエアコンを28℃くらいにするかドライ運転でつけっ放しにしておきます。

冬は暖かい寝床を用意しておいてあげると良いでしょう。

 

そして、独りの退屈さも手伝って、いたずらすることは予想の範囲内です。

絶対に触って欲しくない物は、猫が入れない部屋に入れてキッチリドアを閉めておきましょう。

 

猫が飲み込んだりケガをしたりしそうなものも片づけておき、感電防止に電気製品のコンセントは抜いておくのがベストです。猫用のおもちゃを置いておくと退屈しのぎになります。

 

3日以上の旅行になるなら、お留守番以外の方法を探しましょう。ペットシッターや友達に猫の世話を頼んだり、ペットホテルに預けるという方法もあります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ