猫のおならが臭い!頻繁にする!なにかの病気なの?

猫のおならをするのは知っていますか?ただし、おならが臭かったり、頻繁にしているなら何か原因がある可能性があります。

 

もちろん病気かもしれないので、猫に異常がないかどうか観察は必要です。

スポンサードリンク

おならはなぜ出る?

おならが出る原因は飲み込んだ空気と食べ物を消化するときに出るガスです。

 

食事を摂ったときに一緒に飲み込んだ空気、水を飲むときに一緒に飲み込んだ空気がそのまま腸に吸収されることなく、お尻から出ていくのです。(げっぷとしても出る)

 

消化しきれなかった食べ物のカスを分解する時に発生するガスを排出する生理現象で、勿論猫もそれほど頻繁ではないものの、おならをします。

 

ただ、猫のおならは殆ど音がせず、かなり頻度も少なく、臭いもあまり無いことが多いので気づかない人が多いのです。

 

逆に言うと、飼い主が気付くくらいあまりに頻繁におならをしたり、その臭いがキツ過ぎる場合は、何らかの異常を抱えている可能性があるということです。

スポンサードリンク

猫のおならが臭い、頻繁にする原因

考えられる可能性の1つは、食べたもの、つまりキャットフードの質が良くない、猫の体質に合っていないことです。もう1つは怖いですが、何かの病気になっているという可能性もあります。

 

おならが臭い原因

おならのあのキツイ臭いは、硫化水素やアンモニア、インドール、スカトールといった成分によるもので、動物性たんぱく質が分解されるときに生成されるガスです。

 

猫のおならが臭い時には、与えているキャットフードの動物性たんぱく質の配合量が多すぎる、もしくは質の悪い消化しにくいものが配合されている可能性が高いです。

 

勿論、キャットフード以外にお肉などの動物性たんぱく質を直接食べている子のおならも臭くなります。

 

おならを頻繁にする原因

消化の悪いキャットフードを食べると未消化のフードが沢山できてしまうので、それを悪玉菌が分解したときに発生するガスも多くなってしまい、頻繁におならをするようになります。

 

消化の悪いキャットフードとは、例えば猫の消化器官では処理できないトウモロコシや麦などの穀物を多く配合されているものや、猫には必要な栄養素ではあっても体質に合っていないたんぱく質が配合されているものです。

 

あるいは、たんぱく質が消化できないくらい過剰に含まれているもの、消化しにくいものでも、やはり消化不良を起こしておならの回数が増えてしまいます。

病気が原因

キャットフードなど与えているエサに問題がある場合は、エサを変えることで自然とおならの臭いもなくなりますが、もっと怖いのは病気が原因になっている場合です。

 

症状としておならが頻繁に出る病気としては、「小腸性下痢症」が考えられます。

 

これはその名の通り小腸が原因で起こる下痢のことで、本来小腸は水分の分泌と吸収を繰り返して通過していく消化物の水分を一定に保つのですが、この機能が狂うと消化物の水分量が増えてしまう、つまり下痢になってしまうのです。

 

猫が小腸性下痢症を起こす主な原因としては、慢性腸炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの他の疾患からの併発、真菌やカビ・寄生虫などの感染、食物アレルギーなどが挙げられます。

 

いずれにしてもおならの他に下痢やウンチの量が多くなる、回数が増える、水をよく飲むなど他の症状も現れるためそれとすぐに気づくでしょう。このような症状が見られたなら、すぐに獣医さんへ連れて行ってあげてください。

ストレスが原因

最後にもう1つだけおならが臭くなったり、回数が増える原因があります。それはストレスです。ストレスが強くかかってしまうと自律神経のバランスが崩れてしまいます。

 

自律神経の1つである副交感神経は胃腸の働きを調節しているのですが、ストレスによってこれが弱まることがあるのです。胃腸の働きが低下すると、消化吸収する力が低下してしまうので、未消化の食べ物が腸に増えていきます。

 

この未消化の食べ物は腸内の悪玉菌の大好物で、どんどん増えていきます。悪玉菌が増えると腐敗したガスを多く賛成してしまって、おならが臭く、回数が増えていくのです。

まとめ

猫のおならが臭くて、1日に何度もしているというのは異常だと思ってください。まずはキャットフードを疑うことから始めましょう。

 

今までと同じキャットフードを与えていても、年齢とともに消化能力が低くなるので、年齢のことも考える必要があります。

 

キャットフードを変えてみたり、腸内の善玉菌を増やすものを与えてみても変化が無いようなら、病気のことを疑ってみましょう。もちろんおなら以外下痢をしていたり、便秘をしていたり、食欲が落ちるなど症状があるときには早く病院へ連れていく必要があります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ