猫がオッドアイになる原因は?確率は?病気になりやすく寿命が短い?

猫のオッドアイって綺麗ですよね。これってなぜ出てくるのか原因は知っていますか?

 

どれくらいの確率で生まれてくるのでしょうか?また、病気になりやすかったり、寿命が短いのは本当なのでしょうか。

スポンサードリンク

オッドアイとは?確率はどれくらい?

正式には虹彩異色症という名称のオッドアイは、犬や猫に比較的多くみられる症状で、右目と左目の色が異なるといった状態のことを示します。

 

このオッドアイは真っ白な毛色の猫であれば、約25%程度の確率で出ます。(他の毛色の場合の確率は統計が無かったので分かりませんでした・・・)

スポンサードリンク

猫がオッドアイになる原因は?

猫がオッドアイとなる原因としては、先天性の理由と後天性の理由の2パターンあります。

 

先天性の原因

先天性の理由というのは、白い猫に多くみられるもので、遺伝子が深く関係しているケースです。

 

猫の毛の色は色素を作り出す細胞の量で決まっています。白色の毛の猫には、この色素を作る細胞が少ないことが分かっています。

 

また、目の色も色素を作り出す細胞の量で決まっています。色素が少なくなってくると、目の色が青くなり、たまたま片方の目だけ色素が少なかった場合にオッドアイとなるのです。

後天性の原因

猫がオッドアイとなる原因の後天性の理由は、事故やケガ・病気・手術などで、目の神経を直接傷つけることです。

 

人間も猫を含めた動物も目の色はメラニン色素量により決定されるので、目の神経を傷つけてしまった結果、片方の目のメラニン色素量だけが減少するとオッドアイになるのです。

 

ちなみに猫の場合には、メラニン色素が多いと目の色は銅色で、メラニン色素が減少するにしたがって、薄茶色・緑・青と変化します。

 

最初はメラニン色素の量が左右両目で多い状態で、このような理由で片方だけメラニン色素の量が減少すると、発症確率は高くないのですがオッドアイが出現するのです。

猫のオッドアイは病気になりやすくて寿命が短い?

猫がオッドアイになると病気になりやすくて寿命が短いといわれるのですが、それは先に先天性の理由でも述べたように遺伝子が正常でないためです。

 

遺伝子が正常でないとオッドアイだけではなくて、片方の聴覚障害を発症させてしまうことも多く、正常な猫と比較して体が弱いので病気になりやすいのです。

 

(白猫のオッドアイの30%に耳が聞こえないなどの聴覚障害を持っていると言われています)

また、生存競争が激しい自然界で聴覚障害があることは、外敵に攻撃されやすく生存競争において命を落とす可能性が高いために寿命が短いと言われるのです。

 

室内で飼うのなら聴覚障害といったハンディを心配することはないでしょうが、病気になりやすく寿命が短いと言われていることも念頭に置いて世話をする必要もあります。

 

発生する確率が低いためかオッドアイは希少性が高く人気もあるのですが、聴覚障害というトラブルを抱えていることもあると理解しておくことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ