猫のノミを駆除するには!?どんな対策をする?室内飼いの場合は?

猫にノミがいるときには、駆除したほうがいいです。いったいどうやって対策していけばいいのでしょうか。

 

また、室内飼いのときには放って置いていいのでしょうか。

スポンサードリンク

猫のノミ駆除 ノミ取りクシ

猫の体に寄生したノミを駆除する対策としては、ノミ取りクシを使用して体の表面からノミを取り除いてあげる方法もあります。

 

シンプルな方法で効果があるのかと考えてしまいますが、猫の毛に隠れているノミは体が大きいので、ノミ取りクシを使用することで簡単に駆除することができます。

 

完全に駆除しきることは難しいですが、ノミの数を減らすには有効です。

 

ただ、猫はかゆみや傷がある場合には体に触られることを嫌がるので、根気強くノミ取りクシで優しくブラッシングしてあげるように心がけましょう。

WS000117

そして、猫のノミ駆除で大切なことは、駆除したノミをゴミ箱に捨てるのではなく、しっかりと水につけて溺死させることです。

 

水中で溺死させないでゴミ箱に捨てると、ゴミ箱の中で繁殖してしまいます。

 

また、ノミの駆除で一番やってはいけないことはノミを潰してしまうことで、潰すことでノミの体内にある卵が飛び散って、ノミを拡散してしまう結果になるので注意が必要です。

スポンサードリンク

猫のノミ駆除 ノミ取りシャンプー、ノミ取り首輪

ノミの対策として市販されているのが、ノミ取りのシャンプーと首輪があります。

 

両方とも薬液が入ったもので、ノミを駆除できると販売されていますが、効果はそれほどではありません。

 

ノミ取りシャンプーはノミが弱ることはありますが、一時的で駆除してしまうことはできないのです。ノミ取り首輪は首輪周辺くらいに弱い効果があるだけです。

WS000091

猫のノミ駆除 薬を使う

ノミを駆除する対策としては、動物病院に猫を連れていってノミ駆除用の薬を処方してもらい使用するのもひとつの方法です。

 

また、猫にかゆがっていて、皮膚が赤くなっていたり、毛が抜けるような症状がみられる場合には、かゆみを抑える薬やアレルギー反応を抑える薬などを一緒に処方してもらうと良いです。

 

ノミ駆除用のものであれば、ネット販売もされています。病院で処方されるものと同じものなので、効果は高いです。有名なものはこちらですね⇒フロントラインプラス猫用

 

このフロントラインであれば、ノミを完全に駆除することが可能です。

 

駆除用の薬はノミの卵には効かないので、1ヶ月に1回使用して3か月くらいは続けるようにしましょう。(新たにノミが猫にくっつくのは予防できないので、外に出す猫なら毎月継続します)

WS000090

猫の駆除対策

猫にノミが寄生していることを発見したら、ノミが猫の行動範囲内の全てにいると考える必要がありますし、家の中のどこにでもいると言っても過言ではありません。

 

その為ノミの駆除対策として、家の中全てを掃除機やガムテープなどを利用して徹底的に掃除することも必要です。

 

またノミ退治グッズが市販されているので、それを利用することで一気に駆除することもできます。

 

ただ、ノミの成虫を1匹発見したとしたらその何倍もの幼虫や卵が家の中にいると考えられるので、徹底的に駆除するためには最低でも1ヶ月程度は徹底した掃除を続ける必要があります。

 

こうした対策を取ることで数を減少させていくことはできます。ノミの駆除対策は続けることが大事と認識しておくことです。

WS000066

室内飼いの猫のダニ対策は?

我が家の猫は室内飼いだからノミの心配はないと考える飼い主もいると思いますが、その甘い考えは危険と言えます。

 

飼い主が外出先からノミを室内に持ち込む可能性があり、室内飼いだから安心とは言い切れないのです。

 

ただし、室内飼いの猫に対して、駆除薬を続けるというのはあまりオススメできるものではありません。猫にノミがついたら症状が出ます。猫にノミがいるときの症状は>>

 

猫の行動を観察しておき、かゆがっていたりするなら毛の中をよく観察したり、ノミ取りクシを使ってみましょう。

 

ノミを発見した時には、駆除薬などを使って対策していくようにします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ