猫についたノミにはフロントラインがいい?どんな効果と副作用がある?

猫のノミはアレルギー性皮膚炎などの病気の原因になることもあるので、発見したら早めに駆除対策をしてあげることが大切です。

 

今回は猫のノミに効く、フロントラインについて紹介します。どんな効果と副作用があるのでしょうか。

スポンサードリンク

猫のノミにはフロントライン

猫のノミの駆除対策としては、ノミ取りクシやシャンプーの使用・ノミ取りパウダー・ノミ取り首輪・部屋を徹底的に清潔にするなどがあります。

 

また、猫のノミの駆除対策として専用の薬を使用するのも効果的です。

 

どのような薬を使用すると効果的なのかというと、動物病院の獣医師の間で最も優れていると高い評価を得ている「フロントライン」です。

 

獣医師の指導のもとで購入するのが基本なのですが、アマゾンや楽天などの通販サイトでも購入することが可能になっています。

スポンサードリンク

フロントラインの効果は

フロントラインは、猫に寄生するノミを投与後約24時間以内に駆除してくれます。

 

ノミが猫に寄生して産卵するまでに24~48時間かかることを考えると、ほぼ駆除することができると言えます。

 

使用方法はとても簡単で、猫の肩甲骨の間に垂らすだけで24時間以内には全身に行き渡るのです。

 

それから、ノミの中枢神経にのみ強く作用するので安全性に関しても心配する必要がなく、妊娠中や授乳中の母猫や生後12週の子猫に投与しても問題ないといった試験結果が得られています。

WS000043

フロントラインプラスの効果は

このフロントラインよりも更に進化した「フロントラインプラス」という薬が近年開発されています。

 

フロントラインプラスは、ノミの卵の孵化や成長まで抑える効果があるのでより効果的な駆除が可能で、ノミの再寄生や繁殖などの予防にもつながります。

 

また、これら2つの他に猫の体に噴霧するタイプのフロントラインスプレーというのもあり、即効性と持続性に優れた商品とされています。

 

ただ、使用する際の注意事項としては、猫の体から10~20㎝離して体に噴霧し、粘膜・目・口などには直接噴霧しないことです。

 

また換気の良い部屋で行うことと自然乾燥させることも大事で、ドライヤーなどで乾燥させることは間違ってもしてはいけません。

ws000132

フロントラインの副作用は

猫のノミの駆除対策として薬が一番効果的と言われており、通常は1回程で多い場合でも2~3回程度の投与なので、副作用に関してはそれほど過敏になる必要はないと考えられています。

 

しかし、猫によっては副作用が発生する可能性もあるので、長期にわたって投与し続けないことや体調の変化に注意することも大事です。

 

発生する副作用としては、下痢・嘔吐・食欲不振などです。

 

それから、猫によってどの薬が最適な効果を発揮するかには違いがあるので、その点を理解してフロントラインの利用を検討する必要があります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ