猫の年齢を人間ではいくつ?早見表!数え方は?

猫の年齢は飼い主さんにとっては気になる情報ですよね。年齢を人間で換算するといくつなのでしょうか。

 

早見表や数え方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

カワイイ愛猫には1年でも長く生きてほしいと思うものですが、知っている通り猫の歳の取り方は人間のそれよりずっと早く、悲しきですが大抵の場合、事故や病気に遭うことがなくても愛猫の死を見取らなければならなくなる時が来ます。

 

では今現在の私の愛猫はいくつなの?と気になる方の為に、人間の年齢に換算した場合の猫年齢を早見表にしてみました。

 

猫の年齢の早見表

猫      人間
1~2週間    3ヶ月
3~4ヶ月    6ヶ月
2ヶ月          3才
4ヶ月          6才
6ヶ月         14才
1才          18才
2才          22才
3才          26才
4才          30才
5才          36才
6才          40才
7才          44才
8才          48才
9才          52才
10才          56才
11才          60才
12才          64才
13才          68才
14才          72才
15才          76才
16才          82才
17才          86才
18才          90才
19才          94才
20才          98才

スポンサードリンク

猫の年齢の数え方

この早見表を良く見た方は気づくことは、猫は6ヶ月(人間でいうと14才)を過ぎたあたりから1年経つごとに人間年齢に換算すると4才ずつ歳をとることになります。

 

また資料によっては猫の年齢の数え方として、「最初の2年で24歳、3年目から1年に4歳ずつ」としているものや、「24+(猫年齢-2年)×4」という計算式を発表しているものもあります。

 

大まかには同じでも、数え方とそこから算出できる年齢には多少の幅があるようです。

 

世界で一番長く生きた猫って何歳か知っていますか??

猫の寿命のギネス記録は>>

WS000139

飼い方で寿命が違いすぎる

これらの年齢計算式と統計学から鑑みて、猫の平均年齢は野良猫の場合で4歳、外飼いの猫なら13才、部屋の中で飼育している場合なら16歳くらいと言われています。

 

苛酷な環境で生き延びていかなければならない野良はそもそも子猫が成猫になる確率そのものが低く、それ故に平均寿命もどうしても低くなってしまうのは当然でしょう。

 

自由に出歩ける外飼いと完全室内飼いとでも寿命に2~3才の開きもあります。

 

これは、外飼いだと外で病原菌をもらってきたり事故にあったり他の猫とケンカをしたりといった危険性が高くなるためで、できるだけ愛猫に長生きして欲しいのであればやはり完全室内飼いに徹底した方が良いようです。

WS000134

また、品種別に見た場合、やはり雑種の方が圧倒的に長生きすると言われています。

 

同じ血で構成される純血種より様々な血が交じり合っている雑種の方が免疫力が高くたくましい生命力を持っているようです。更に罹りやすい病気や本来備わっている免疫力の差により、品種別にも長生きするもの、そうでないものがあります。

 

比較的平均寿命が長いのはチンチラ、日本猫、ラグドール、ペルシャ猫。逆に比較的寿命が短いのはアメリカンショートヘア、ロシアンブルー、シャム、スコティッシュフォールド、マンチカンとなっています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ