猫の涙が止まらない!?透明・茶色・赤い時には何が起こってる?

猫も涙を流すことがありますが、ほとんどの場合では異常が起こっています。

 

猫の涙が透明、茶色、赤色のときにはどんなことが考えられるのでしょうか?

スポンサードリンク

猫の涙

飼い猫の目から涙が出ているのを見て驚くことがあります。通常、猫が涙を流すことはありません。

 

伏し目がちに涙を流しているのを見ると、何か悲しんでいるようにも見えますが、本来猫は涙を流さないのです。

 

目ヤニは出ることはありますが、もし涙が出ていたら何か病気の可能性があります。

 

猫が涙を流していても、透明の涙だから問題ないだろう、何か異物が入ったから涙を出しているのだろうと放置する飼い主は結構います⇒⇒猫の涙の原因は??

スポンサードリンク

猫の涙の色で原因が違うことも

特に涙の色が透明だと、私たち人間が流す涙と同じように考え、大丈夫だろうと考えがちです。しかし、猫は涙を出すこと自体が何らかの異常を訴えているのです。

 

まず、出ている涙をティッシュで優しく拭き取ってあげましょう。その拭き取った涙をよく観察してください。

 

茶色か赤い色がほんのりついていたら、もしかしたら結膜炎などの感染症かもしれません。もちろん透明であっても量が多いのであれば、可能性はあります。

ws000135

結膜炎というと、たくさんの黄色味がかった目ヤニが出るものだと思いがちですが、猫の場合はそうとは限りません。

 

膿が変色すると赤い色になったり茶色になったりするのです。ずっと涙を流していたけれど、透明だったし膿んでいる様子も無いようだったのでゴミが入ったのかもと考えていたら結膜炎と診断されたという例もあります。

 

涙を流しているという時点で何か目に異常が起こっていると考え、その涙の色と何か他に症状が出ていないかをチェックしてなるべく早く病院に連れて行くことをおすすめします。

 

とくに涙の色が茶色、赤色のときには注意が必要です。また、涙が止まらない場合にも、異常が確実にあるので病院へ行きましょう。

 

適切な処置が遅れると、それだけ完治まで時間がかかりますので、早期発見、早期治療が重要です。

ws000134

また、目ヤニを出している猫も多いですが、目ヤニの場合は猫にとって自然なこととされていますので、特別なケースでなければ急いで病院に行く必要はありません。

 

特別なケースというのは、目ヤニが茶色や赤い膿んだような色をしている、目が真っ赤になっている、まぶたが腫れているなどです。

 

このような症状は、結膜炎や角膜炎になっている可能性が高いので、早急に治療が必要になります。適切な治療を行えば完治するものなので、あまり心配することはないでしょう。

 

しょっちゅう涙を流していると、目の周りの皮膚が荒れてしまうことがあります。

 

皮膚が荒れてしまうと猫も目の周りを触ってしまうことが多くなり、それが原因で感染症にかかることもあるので注意が必要です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ