猫の鳴き声がかすれてる!?いったい原因は何?

猫は鳴き声を発することによって、自分の気持ちなどを表現する生き物です。飼い主さんであれば、猫の鳴き声によって、気持ちを察することができるという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、そんな可愛らしい猫の鳴き声がかすれてしまっているという場合に直面したことがある飼い主さんもいらっしゃることでしょう。

 

では、猫の鳴き声がかすれてしまう原因とは、一体何なのでしょうか。

スポンサードリンク

猫の鳴き声がかすれている原因として、4つのことが考えられます。かすれている声だけでなく、そのほかにも症状がないかどうかは猫の様子を観察するようにしましょう。

 

大声の出しすぎ

1つ目の原因は、鳴き声を出し過ぎて声が枯れてしまったことによって、かすれているというものです。

 

人間でも、カラオケに行って歌をうたいすぎると、声がかすれてしまうことがあります。それと同じ原理で、猫も鳴き声がかすれてしまうのです。

 

発情期のときや、他の猫とケンカをするときには、大声で猫は叫び続けます。また、環境が変わって居心地が悪い場合など、甘えるような声で鳴き続けることがあります。

 

鳴き声を出し過ぎてしまう状況にあるとかすれてしまうことがあるのです。また、留守中に寂しくていっぱい鳴いたということも考えられます。

スポンサードリンク

ストレス

2つ目の原因は、ストレスを感じていることによって、鳴き声がかすれてしまうというものです。

 

人間でも重度のストレスを感じると、声が出なくなってしまう方もいらっしゃるように、猫も同じような症状があらわれます。ストレスを感じて、出てくる症状は猫によって違ってきますが、猫にストレスがかかって良いことは何もありません。

 

猫が重度にストレスを感じる状況としては、新しいペットを飼い始めたということや、一人ぼっちにされる時間が長くなったなどがあげられます。トイレが汚すぎるということでもストレスに感じるので、注意してあげましょう。

WS000136

 

手術

3つ目の原因は、去勢や避妊などの手術を行ったことによって、鳴き声がかすれてしまうというものです。

 

猫によっては、手術を行った後の数日間は、鳴き声が出なくなってしまったり、鳴き声がかすれてしまったりする症状があらわれる猫がいます。病院で鳴きすぎた、ストレスを受けすぎたことも関係してくると言われています。

 

病気ではないので、心配しなくても数日間経てば徐々に鳴き声が戻ってきます。

WS000141

病気

4つ目の原因は、何らかの病気を発症してしまっていることによって、鳴き声がかすれてしまうというものです。

 

鳴き声がかすれてしまう病気として、喉頭炎や気管虚脱、猫伝染性鼻気管炎などがあげられます。喉の炎症が起こっており、これらの病気は、放っておくと他の病気を併発してしまうこともあるので、すぐに動物病院を受診するようにしましょう。

 

猫の鳴き声がかすれていて、病気かどうか見分けるときには、鳴き声がかすれているという症状のほかに猫の体調が悪くないかどうかチェックしましょう。

 

目ヤニやよだれ、咳などに違和感がある場合には、動物病院を受診する方が賢明です。また、病気かどうか分からないという場合にも、動物病院を受診するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ