猫のための虫除けは?安全なのは天然ハーブ?

猫に寄って来る虫は多いです。とくにダニ、ノミ、蚊などは吸血されることで痒みなどの症状が出て猫にとっては良いものではありません。

 

そんなときには虫除けで少しでも予防してあげたいですよね。今回は天然ハーブで出来る猫の虫除けについてまとめています。

スポンサードリンク

猫のための虫除け!

猫も室内飼いであれば、ノミやダニの心配はほとんど必要ありません。まれに飼い主が草木のある場所に出かけてダニを持ち込んでしまい、それが猫に取りついてしまうケースがありますが、それ以外で虫除けなどをする必要はないでしょう。

 

ただ、猫は外に出たがりますし、外猫はノミやダニをもらってくる可能性があります。ノミやダニは気温が20度を超えて、湿度が60%を超えると一気に増えます。さらに蚊の活動も同じくらいから活発になってくるので、虫除けは、春先から考えておいた方がいいでしょう。

 

猫のための虫除けは、当然人間用のものは使えません。猫は全身が毛で覆われていますし、人間とは体重も違います。また、人間用の虫除けスプレーに多いミントの香りは、猫は非常に嫌がります。

 

効き目がありすぎる人間用の虫除けスプレーは避けるようにしましょう。安全なのは天然のハーブを配合したものです。犬や猫用の天然ハーブの安全な虫除けスプレーは数多くの種類が販売されています。

 

部屋の中で蚊の対策をするのであれば、人間と同じでも問題ありません。アレルギーが出たりするようであれば避けておかなければいけませんが、蚊がいなくなるスプレーや液体タイプの蚊よけなどです。

 

こういった薬品を使うのが心配なら、やはり天然成分の虫除けを使いましょう。

スポンサードリンク

猫の虫除けは天然ハーブがおすすめ

効果があるのは、ニームやシトロネラ、ユーカリなどをが配合したものです。ただし、適当に虫除け効果のあるハーブやアロマを猫につけてしまうのはダメです。猫にとって嫌いな匂いもあるからです。

 

市販されているものでは猫用のものは、猫が嫌がらないバニラの香りで調整してあったりします。こういった虫除け効果のある天然ハーブを、外に出ようとする猫に一吹きしておきましょう。虫が嫌うアロマ油を配合したものもあります。

 

市販の虫除けスプレー

月桃(げっとう)には虫除け、抗菌、抗酸化作用があり、猫用の虫除けスプレーとして人気があります。月桃は食べ物を包んで保存するための植物であるため、身体を舐めて身づくろいする猫にとっても安心です。

 

月桃成分が含まれているペット用のスプレーです↓↓

「不快な害虫ノンノン」スプレー

 

虫除けスプレーは、猫の身体に直接吹きかけても効果がありますが、できれば飼い主自身が手にとって、そこから毛や地肌に塗り込むと一層効果が上がりますし、持続力も高まります。

 

首輪をしている猫には首輪にしてもいいでしょう。猫用の虫除け剤として定評のあるのが、ベディベディ・ハーブという製品です。猫向けに舐めても安全な天然成分を使った製品です↓↓

PeddyPeddy(ペディペディ) 防虫(蚊・ノミ・ダニ)スプレー

 

100%天然ハーブの虫除けです。ノミやダニ、蚊などの虫が寄ってきません。農薬成分を一切使っていない点で評価されています。猫はもちろん犬にも使えますし、身体の小さい鳥やフェレットにもいいと言われています。

 

個体によっては蚊に刺されやすい体質の猫もいます。蚊に刺されやすい猫は、春から夏にかけてひっかくため、毛が荒れてしまいがちです。

 

こういった場合には、天然成分を配合した虫除けスプレーがいいでしょう。猫用スプレーでは、香りに気をつけて選びましょう。猫は嫌いな匂いのものをつけられるとストレスが高まります。

 

せっかくよかれと思ってスプレーしてあげても、それでストレスを感じて毛を掻きむしっては何もなりません。ただし、天然成分なので劇的な効果があるというわけではありません。完全に防げるわけではないということは頭に置いておきましょう。

 

また、首輪にも天然ハーブを使ったものがあり、それも虫除けの効果が期待できます。

WS000097

ノミとり首輪の効果

虫除けとはちょっと違うのですが、ノミとり首輪という商品が販売されています。ピレスロイド系の殺虫成分が含まれています。

 

ただし、市販のものであれば殺虫成分の濃度が低く、まったく効果が見られないという声が多くあります。首輪の周りはノミが近づかないけど、離れた場所でぴんぴんいしているということは多いです。

 

ある程度はノミが猫につくのを予防してくれるかもしれませんが、薬品を使った商品で効果があまりないというものであればオススメできるものではないでしょう。

 

どうせ薬品を使ってしまうのであれば、フロントラインなどで月に1回駆虫した方がいいです。(ノミダニがくっつくのを予防してくれるものではない)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ