猫の虫刺され!蚊に刺される?腫れる?薬は?

猫ってヒトと同じように虫刺されってあるのでしょうか。蚊に刺されたりすることって?

 

刺されたときにはやっぱり腫れたり、かゆかったりするのでしょうか。そんなときには薬はあるのでしょうか。

スポンサードリンク

猫の虫刺され

猫も刺咬症になることがあります。猫も虫に刺されます、蚊やブヨ(ブト)などにも刺されることもあるのです。

 

虫に刺されることによる物理的な刺激とともに虫の唾液によるアレルギー反応によって腫れることや強いかゆみが出る点も人間の虫刺されと同じです。

 

猫の場合はかゆみを我慢してかきむしらないようにするということは出来ません。かゆみで激しくひっかいてしまうこともあり、2次感染を起こして皮膚症状を悪化させることもあり、重症の場合には脱毛などや体重減少、貧血を起こすこともあります。

 

(我が家の猫も虫刺されでかきむしって、皮膚がなくなるくらいまでひどくなりました。現在は完治しています)

 

基本的には猫が虫に刺されても薬は必要ありませんが、何度もかきむしって、傷になってしまっていれば一度病院に行って診てもらうようにしましょう。

WS000143

猫も蚊に刺される

猫も人間と同様、蚊に刺されます。なかには蚊アレルギーの猫もいて、耳などにブツブツが出て、かゆみから掻きむしってしまうこともあります。

 

単純に刺された場所に症状が出ている時には人間が使うような虫刺され用の薬を塗っても効果はあります。(ただし成分はいろいろあるので病院で相談してから使いましょう)

 

しかしながら、蚊アレルギーの場合には、それだけでは治りません。見た目は耳が刺されているように見えますが、刺された場所は違う場所でも、アレルギー症状が耳に出るという特徴があります。

 

(鼻に出たり、目頭に症状が出ることもあります)

 

いくら塗り薬を使っても耳のブツブツが治らないときには、動物病院でしっかりと診てもらい、アレルギーを抑える薬を処方してもらいましょう。

スポンサードリンク

また、蚊を媒介にしたフィラリアにかかることもあります。フィラリアは主に犬がかかりますが、猫でもかかることがあり、10頭に1頭は感染しているというデータがあります。

 

感染していても診断が難しいため、今まで少ないとされていましたが年々報告が増えてきているようです。フィラリア症は予防が大事な病気なので、室内飼いでも対策してあげましょう。蚊が多いのであれば、薬でフィラリアの予防も検討したほうがいいでしょう。

 

ツツガムシ病

猫の虫刺されで怖いのはツツガムシ病を引き起こすツツガムシです。ツツガムシというダニの1種で、刺されることで引き起こされる感染症は人獣共通のものです。

 

症状は、1週間から2週間ほどの潜伏期間の後に発熱があり、赤い斑点が出て腫れることがあります。ダニの刺した部分と、そこに隣接するリンパ節が腫れるようになってきます。

 

多くの場合は、5日程度で回復していきますが、免疫力が低下している猫の場合には、脳炎や多臓器不全などによって死亡することもあります。

 

軽度であれば、放置していれば治りますが、おかしいと思ったら動物病院に連れていきましょう。

WS000093

アナフィラキシーショック

また、猫が蜂に刺されてアナフィラキシー反応を起こすこともあります。

 

猫はよく蜂に刺されますが、一般的には放置していれば治りますが、ショック状態に陥ると、肝臓や腸で出血があり、急激に血圧が下がります。

 

興奮している様子になり、よだれを流して嘔吐や脱糞するようになります。ここで対処が遅れると虚脱や呼吸低下を起こして、放置しているとけいれんして昏睡し、死亡することもあります。

 

身体をしきりになめる、ソワソワしている、腫れている場所があるときには刺されている可能性があります。家で使える薬はありませんが、様子がおかしいと思ったら病院で様子をみてもいいでしょう。ショック状態になると命に関わるものです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ