猫の虫歯を予防するには?治療費はどれくらい?

猫が虫歯にならないためにも、予防したいですよね。どうやって予防していけばいいのでしょうか。

 

また、虫歯になってしまったら、治療費はどれくらい必要なのでしょうか。

スポンサードリンク

猫は口内のpHや歯の形が人間と異なっているので虫歯にならないと言われていますが、2歳以上の猫の8割以上が虫歯同様に厄介な歯周病になると言われています。

 

猫は虫歯にならない??虫歯に似た症状はなんなの?

 

虫歯にしても歯周病にしても痛みなどの症状を猫は訴えることができないので、発生しないように予防することが大切です。また、、発生した場合には早めに治療してあげる必要があります。

 

猫の歯周病の予防法は人間と同様に、歯磨きをする・歯垢を溜めないといった2つが重要なポイントになります。

スポンサードリンク

人間と同じく毎日の歯磨きが理想なのですが、猫自身で磨くことはできない為に、飼い主が磨いてあげなくてはなりません。

 

しかし、犬以上に猫は歯磨きを嫌うため磨くのが難しく、猫によってはまったく歯磨きをすることができないこともあります。

 

そのように歯ブラシを使用して歯磨きができない猫の場合には、歯磨き用ウェットシートで歯垢を拭い取ると言うような方法で歯磨きの代用をすることができます。

 

また口腔内スプレーを使用して歯石を落とすことや、歯磨き専用のおやつを与えることで歯垢を除去してあげる方法もあるので、最適な方法でオーラルケアをして予防してあげることです。

WS000139

予防しなかったり、予防していても不充分だったりして歯周病になってしまったら、動物病院で早めに治療を受ける必要があります。

 

動物病院の治療は、麻酔・超音波スケーラーにより歯石や歯垢を除去する・歯周ポケットの歯垢を除去する・今後歯垢がつきにくくするため歯の表面を研磨すると言った手順で行われます。

 

ただし、症状の進行具合によっては、歯肉の切開や抗生物質などを投与することで原因菌を殺す治療が行われます。

 

また最悪の場合には抜歯をする事態になることも考えられて、一回の処置で終わらずに通院する可能性も考えられます。

WS000140

このように様々な治療が必要になり通院するとなれば、治療費がどれくらい必要になるのかも気になる点です。

 

一般的な治療費の相場としては、診察料・検査料・施術費などを含めて1万円~3万円程度です。

 

ただ動物病院は自由診療なので病院によって治療費に大きな差が発生することがありますし、歯周病の症状によって抜歯や投薬が必要になれば追加料金が発生して治療費も大きく変わってきます。

 

治療内容と治療費について不安がある場合には、事前に確認すると共に複数の動物病院から見積もりをとると参考になります。

 

いずれにしても虫歯や歯周病を治療せず放置しておくとその他の病気を引き起こす可能性もあるので、適切な治療を早い段階でしてあげることが大事です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ