猫が虫やネズミを持ってくる理由とは?食べるのは病気になる?

猫って虫やネズミなどの獲物を持ってくることがありますよね。持ってこられるとビックリしてしまうのですが、いったい理由はなんなのでしょうか。

 

また、猫が獲物を食べると病気になったりしないのでしょうか。

スポンサードリンク

猫が獲物をを持ってくる理由

猫には、飼い主に死んだ昆虫やネズミなどの小動物の死体を届けに来ることがあります。飼い主におみやげを持ってくるというのは猫独特の習性です。

 

猫が何かくわえて戻ってきたと思ったら、ネズミの死骸だったということは、多くの飼い主が経験していることでしょう。何のために持ってくるのか理解できず、困ってしまうことがあります。

 

猫が何の意味もなく、飼い主の元におみやげを持ってくるのには理由があります。持ってくるのは、たとえばバッタやゴキブリなどの虫、スズメや金魚、カエルなどです。

 

ヘビやトカゲなど、飼い主にとってはうれしくないどころか迷惑このうえないことがあります。これは猫にとっては嫌がらせではありません。

 

むしろ、飼い主を狩りのできない未熟な猫と思っていて、親猫になった気分で獲物を持ってくるらしいというのが通説です。

WS000144

特に避妊手術をしたメス猫に多いと言われています。以前は、獲物を仕留めたことを飼い主に見せびらかすとか、褒めてもらいたいなどと考えられていました。

 

近年では、むしろ飼い主を獲物を捕らえることができない未熟者と認識して、狩りのやり方を教えてあげていると解釈されています。

 

野生の環境では、母猫は子猫に実地で獲物の獲り方を教えますので、飼い猫であっても何らかのきっかけで野生の血が目覚めたと考えられています。

 

虫やネズミなどを生きたまま持ってくるというのも、母猫が子猫に狩りの仕方を教えているためと言われています。

 

驚くような虫やネズミなどのおみやげを持ってきても叱ることは厳禁で、軽く褒めて猫の自尊心を満足させてあげましょう。

スポンサードリンク

猫が獲物を食べるのは病気になる?

 

猫は獲物のネズミを食べてしまうこともありますが、これは寄生虫による病気の原因となりますので、もし持ってきても食べないように注意する必要があります。

 

ネズミはトキソプラズマという寄生虫を持っていることがあります。これは生の豚肉にもいる寄生虫で、様々な病気の原因となります。

 

トキソプラズマに感染すると、下痢などの症状を引き起こしますが、以後は健康であれば問題ないと言われています。ただし、トキソプラズマは人に感染すると流産や死産などが引き起こされることがあります。

 

また、猫条虫という寄生虫もネズミから感染することがあります。食欲不振や嘔吐、下痢、腹痛などの症状を引き起こします。猫のお尻から条虫の白い頭が出ていることがあり、猫がしきりに気にすることも。

WS000146

さらに北海道ではエキノコックスという、条虫がネズミから感染することがあります。猫は下痢をすることがあるくらいですが、人に感染した場合には肝臓に障害を起こすことがあります。

 

カエルやヘビを食べることで感染する可能性があるのが、マンソン裂頭条虫という寄生虫です。これは猫に嘔吐や下痢を引き起こします。

 

猫が獲物を食べることで起こる病気の代表はやはり寄生虫です。寄生虫に感染してしまったときには自然に治癒することは無いので、駆虫薬を使う必要があります。

 

猫がヘビ、カエルやネズミなどを持ってきたら、褒めてあげて、食べないようにしたほうがいいでしょう。バッタなどの昆虫を食べて起こる病気は無いと思っていいようです。

 

食べ過ぎてしまったり、消化が悪くて、嘔吐や下痢をすることがあるくらいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ