猫に目やにが出る病気って?片目だけのときは?

猫に目やにが出るのって気になりますよね。もしかしたら病気かも!?と心配になってしまいます。

 

猫の目やにが出てくる病気にはどんなものがあるのでしょうか。また、片目だけ目やにが出ている場合にはどうなんでしょうか。

スポンサードリンク

猫は目やにが出やすい?

顔面積に比べて目が非常に大きな猫。なので目に目やにが付いているとどうしても気になってしまうものです。もしかして、何かの病気のサインなのかも・・・。だけど元々猫は目やにが出やすい生き物。

 

と言うのも、目やにとは涙の中にある粘着性のある成分に古くなった細胞やゴミが混ざってできるもので、起きている間は鼻涙管を通って流れ落ちるのですが寝ている間は目元に留まってしまいます。

 

それが固まってくっついているのであり、一日の大半を寝て過ごす猫は、当然目やにが溜りやすいのです。

 

しかし、目やにや他の症状によってはやはり病気が原因になっていることもしばしば。

 

正常な目やになのか何らかの病気や異常のサインなのかを見分けるには、目やにの色や量、片目なのか両目なのか、更には目そのものの様子及び他の症状の有無を調べる必要があります。

 

目やにの色や量ですが、これが乾いた茶色や黒の目やにで目頭や目の縁に少量ついているだけなら正常なもの。

スポンサードリンク

猫の目やにが出る病気は

病気が疑われるのは黄色~緑色で粘性のある目やにです。

 

この場合、細菌性の結膜炎あるいは猫クラミジア感染症・猫ウィルス性鼻気管炎・猫カリシウィルス感染症といったウィルスや細菌の感染症が考えられます。

 

片目だけ目やにが出るなら

どちらの目から目やにが出ているか、つまり両目なのか片目なのかは、感染症なのか外傷によるものなのかを判断する助けになります。

 

特に放し飼いにしている場合、どこかで猫同士ケンカをして帰ってくる可能性がありますが、この時相手の猫に片目を傷つけられて外傷性結膜炎を起こすことがあります。

 

感染症の場合片目だけに症状が出るということはまずあり得ないので、片目だけに目やにが出ている場合には物理的な外傷を負ったと考えられるわけです。

 

この場合、目やにのほかにサラサラとした透明の涙が流れている、やたらに前足で片目を気にしている、片目だけ開け辛そうにしているなどといった症状が見られるはずです。

WS000141

両目とも目やにが出るなら

目やにと共に見られる他の症状としては、前述の通り涙が止まらない、更には連続したくしゃみ、鼻水、よだれ、食欲不振、発熱といったものが挙げられます。

 

涙が止まらず白目の部分が充血しているなら結膜炎の可能性が高くなります。

 

くしゃみや鼻水が伴うものはネコ風邪と呼ばれる感染症全般に共通していますが、加えて発熱や結膜炎なども出ている場合には猫ウィルス性鼻気管炎や猫クラミジア感染症、よだれや口臭といった症状を伴う場合には猫カリシウィルス感染症が考えられます。

 

生まれつきの場合も

まぶたの状態が生まれつき、裏返ったようになっている先天性のものがあります。眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)と呼ばれる病気です。

 

まぶたが裏返っているため、目に直接触れてしまい、刺激となることで涙がずっと出ていたり、目やにが止まらないということがあります。

 

小さいときにずっと涙が出ている、目やにが出ているというのであれば、少ないですが、可能性があります。また、角膜炎や結膜炎の症状が強い時にも、この眼瞼内反症が発症してしまうこともあります。

 

涙が多いというだけでなく、ネバネバした白色~黄色~緑色の目やにが出ていれば、外傷もしくは感染症ということがほとんどです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ