猫の目やにが黒色・黄色・茶色のときは何が起こってる?

猫の目やにはすぐに目につきますよね。眼の状態は健康状態に直結するので観察するクセをつけておいたほうがいいものです。

 

今回は猫についている目やにが黒色、黄色、茶色のときは大丈夫なのか、どんなことが起こっているのか紹介します。

スポンサードリンク

猫の目やにが黒色・茶色のとき

猫の場合も同じで、黒色や茶色っぽい乾いた目やにが目の縁や目頭についている程度であれば心配ありません。

 

本来目やにとは、目の周りを守っている涙の中に古くなった細胞やゴミなどの老廃物が混ざって固まったもの、正常な生理現象です。

 

人間でもそうですが、眠っている間は涙が流れ落ちないので目の周囲に溜り、寝起きに目やにとして塊になってついてしまうのです。猫の場合はこれが黒色、茶色の目やにとしてついているのです。

 

目やにが黒色、茶色で目のフチについているくらいであれば、問題ないのでそっと取ってあげましょう。猫の目やにの取り方は>>

 

もし目の全体にこびりつくくらい出ているのであれば、多いので続くようなら病院で診察してもらいましょう。

スポンサードリンク

猫の目やにが黄色のとき

同じ目やにでも黄色でネバネバとしていたりするのであれば、注意が必要です。明らかに異常なときにしか黄色の目やには出ないからです。

 

傷がついている

黄色の目やにが出て涙がずっと流れている、痛がってショボショボさせたり目を閉じようとしたりするといった症状がある場合で、これは眼球に傷が付いている可能性があります。

 

猫同士でケンカしたり自分の爪で引っかいたりして眼球に傷を付け、外傷性の結膜炎を起こしているわけです。

 

特に放し飼いの猫は外でケンカをすることが多く、その際致命傷になる目を狙って攻撃するという本能が備わっている為、フラッと外から帰ってきた後にこういった症状が出始めたなら、まずこの可能性を疑ってみて間違いないでしょう。

 

ちなみにケンカでやられた場合、片目を損傷した時点でその場から逃げることが多い為、両目というより片目だけこういった症状がでることが多いようです。

 

外傷性結膜炎の目やには最初は白っぽく、その傷から菌が繁殖して膿むようになると、黄色っぽくなってきます。

WS000144

感染症

目やにが黄色で、ジュクジュクとねばっこく、両目から出ているなら、細菌感染による結膜炎の疑いがあります。細菌が炎症を起こし膿を出して黄色~緑色のネバネバした目やにになるのです。

 

黄色の粘りのある目やにだけでなく、くしゃみや鼻水なども出ている場合には、「ネコ風邪」とも呼ばれるウィルスや細菌の感染症も考えられます。

 

これには感染するウィルスや菌によって「猫クラミジア感染症」や「猫ウィルス性鼻気管炎」など幾つかの種類に分かれますが、いずれの場合も気がついたなら直ぐにでも獣医で診察してもらう必要があります。

 

判断しがたい場合には、定期的に目と目やにをチェックして異常がないかを確認しましょう。他の色が出ている時には↓↓

猫の目やにが白色、緑色、赤色のときは?

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ