猫がマーキングする意味は?いつからする?時期で違う?

猫がマーキングする意味って知っていますか?

 

また、いつごろからマーキングし始めてくるのでしょうか。時期によってマーキングが増えるってこともあるのでしょうか。

スポンサードリンク

猫がマーキングする意味は?

猫のマーキングにはいくつか種類があります。猫は単独で狩りをする肉食動物でしたので、自分の縄張りだと周りに示すためや、目印をつけるためにマーキングします。

 

爪とぎもこの一種で、肉球から強いフェロモンを放ち、ここに元気な猫がいるぞというアピールをしているのだそうです。外猫でもいろいろな場所で爪とぎをして回ったりします。

 

他には、安心している時に居心地の良い自分の居場所と確認するためのマーキングもあります。ソファや柱、人の足などに頭や身体をすりすりなすりつけるような行動がそれです。

 

頬やアゴの分泌腺からフェロモンを発しています。これはリラックスしている証拠ですね。

スポンサードリンク

上に書いたマーキングについては、私たちにはわからない臭いだったりフェロモンだったりするのですが、尿スプレーと呼ばれる、濃くて臭いおしっこをあちこちにかけるマーキングもあります。

 

発情期にする尿スプレーは、自分の縄張りであることのアピールとメス猫を惹きつけるためのアピールです。

 

これはオス猫の性行動と言われていますが、メス猫でもマーキングに尿スプレーのマーキングをする猫もいます。

 

また、新入りの猫が来たりするとボス的な猫が尿スプレーしたりしますね。ここは俺の縄張りだぞ!という意味を込めているのです。

 

あとは、ストレスや不安がある場合でも、いろんなところに尿スプレーのマーキングをすることがあるので、その場合は、ストレスや不安の原因を取り除いてあげましょう。

WS000139

マーキングをする時期?いつからする?

居心地の良い場所という意味で顔や身体をこすりつけるマーキングは、子猫のときからも見られる行動です。3か月にもなれば、親猫にスリスリしていたりするものです。

 

尿スプレーによるマーキングは、猫の身体が成熟する生後8か月くらいからと言われています。そのころになると、発情期の性的なアピールを含めて、尿スプレーでのマーキング行動が見られるようになります。

 

もちろん、性行動としてのマーキングになるので、時期によってするしないということが多いです。猫の発情期である春などに多く見られます。ただし、オス猫は、周りにメス猫がいない場合は発情しないこともあります

 

外飼いであれば、子猫が産まれて独り立ちしはじめる、秋から冬なんかでも縄張り争いが多くなるので、マーキングすることが増えてきます。

WS000097

尿スプレーはかなり臭くて、あっちこっちに吹きかけて飼い主さん泣かせなので、繁殖を考えていないのであれば、発情期を迎える前に去勢することをおすすめします。

 

一度、発情時期の尿スプレーでのマーキングを覚えてしまうと、去勢してもマーキングをやめてくれない場合が多いくなります。去勢手術は生後2か月以降なら受けられます。

 

私たちに臭いの感じないフェロモンのマーキングは、愛らしい行動に見えますが、濃い臭いおしっこを吹きかける尿スプレーでのマーキングは、できれば減らせるようにしたいものですよね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ