困った!猫のマーキングをやめさせるには?どう防止する?

猫のマーキング行動って困ったものですよね。尿はかなり臭いため、部屋からは異臭が残ります。

 

これをやめさせるためにはどうすればいいのでしょうか。マーキングを防止する方法はあるのでしょうか。

スポンサードリンク

なぜマーキングするのか

猫は昔、常に単独行動で狩りをする肉食動物だったので、自分の縄張りを守って目印をつける習性があり、マーキングをします。

 

特に環境に問題がなく、リラックスしている状態でする本能的なマーキング、ストレスや不安を感じていることで増えるマーキング、性的アピールのマーキングなどいくつか種類があります。

 

発情期などには、臭いの強く濃いマーキングをするので、飼い主さんの悩みの種になりますね。

スポンサードリンク

マーキングされたら掃除を

猫は叱ってもストレスに感じるだけで、逆効果なので、マーキングしてしまった時には、まず徹底的に臭いを消すことがおすすめです。同じ場所に繰り返し、マーキングする習性があるためです。

 

マーキングしても消し、マーキングしても消し、を繰り返しているうちに、臭いをつける意味を感じなくなりマーキングしなくなるのです。掃除する時には猫を見えない場所に移動しておきましょう。

 

中性洗剤や、アルコールでふき取ったり、ペット用の消臭剤などで臭いを消すと良いでしょう。洗剤などを使うことに不安のある方は、熱湯がおすすめです。

 

猫のおしっこは、熱湯で臭い成分が分解されます。マーキングの消臭はこちらの記事⇒⇒猫のマーキングが臭いときの掃除方法は?

ws000135

ストレスからの場合は、ストレス解消を

ストレスや不安を感じている場合のマーキングには、まずそのストレスや不安の原因を取り除いてあげることしかありません。

 

トイレが汚いとか、場所を変えたとか、大好きなクッションをしまってしまったとか、窓から仲の悪い猫が覗いているとか、その理由は様々ですが、できる範囲でストレスとなるものを解消できる方法を見つけてあげましょう。

ws000144

発情によるマーキングの防止は

オス猫に多くみられる発情期の尿スプレー行動は、去勢することで防ぐことができます。

 

一度でも尿スプレーをしてしまうと、その後去勢しても100パーセントマーキングしなくなるとは言えないようなので、最初の発情前に去勢してしまうことをおすすめします。

 

猫が嫌がるスプレー

猫がストレスを感じてしまう場合が多いのですが、マーキングして欲しくないところに、猫の嫌がる柑橘系の臭いや、刺激成分の含まれたスプレーをかけておく方法もあります。

 

一度でもスプレーしてしまった場所や、してほしくない場所に先回りしてスプレーしておくことで、おしっこをする場所はトイレしかないと思わせる作戦です。

 

ただこのスプレーする方法は嫌がる臭いということで、猫には落ち着ける場所が少なくなってしまう可能性もあります。

 

なでたり声をかけたりする時間を増やして、猫を安心させてあげることが大切です。根気よく覚えてしまえば、猫はキレイ好きなので、きちんとトイレにおしっこをしてくれるようになるでしょう。

邪魔者を置く

一度でも猫がマーキングした場所に繰り返してしまいます。これを防ぐためには猫が近寄れなければいいのです。

 

マーキングする場所の前にモノを置いてしまうということは、予防につながります。どうしても出来なければ猫はあきらめてくれるのです。

WS000017

マーキングは猫の習性行動の1つなので、やめさせるということが難しいものです。猫に対して叱ったり、怒ったりすることは、全く意味のないことが分かっています。

 

ただただ、猫にとってはストレスになるのでやめておきましょう。とにかくマーキングを防止する方法を考えて、根気よく続けていくようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ