猫の鼻が濡れているのはなぜ?嗅覚はどれくらいあるの?

猫の嗅覚はすごいって聞いたことありませんか?

いったいどれくらいの嗅覚があるのでしょうか。

 

また、猫の鼻って濡れていて冷たいですよね。

この理由はしっていましたか?今夏の記事では猫の嗅覚について紹介します。

スポンサードリンク

猫の嗅覚はどれくらいある?

猫の嗅覚は人間のそれよりはるかに優れていることはなんとなくですが想像つきますよね。

実に、人間の嗅覚の数万~10万倍の感度を持つと言われています。

 

これは人間と比べて数万倍強烈に匂いを感じるというのではありません。

空気中に含まれる、人間が匂いとして感知できるニオイ物質の数万分の1~10万分の1の濃度でも感知できるという意味です。

 

つまり人間にとっては無臭に感じるものでも、猫はそのわずかなニオイ物質を感じ取ることができるわけです。

スポンサードリンク

なぜ猫は嗅覚に優れているのか

具体的に言えば、匂いを感知する機能をもっている嗅細胞が密集する「嗅上皮」と言う部分は、人間は大体1円玉くらいの大きさですが、猫は500円玉くらいの嗅上皮の大きさを持ち、人間よりも5~10倍も大きいことが分かっています。

 

猫の嗅覚がこれほど鋭い理由は、嗅上皮の大きさだけではありません。

 

例えば、人間の鼻の穴は円形ですが、猫の鼻の穴はその横に切れ目が入っていて、鼻の筋肉をひくひくと動かすとこの切れ目のおかげで正面からだけでなくサイドからもニオイの成分を多く取り込むことができるようになっています。

 

また、猫の鼻の表面には細かい溝がありますが、この溝は鼻涙管から流れてきた涙や鼻の穴の内側にある「腺細胞」から分泌される少し粘り気のある分泌液がにじみあがって常に濡れています。

猫の鼻がいつもヒンヤリと湿っているのはこのためなんですね。

 

こうして吸い込んだ空気に湿り気を与えてニオイ分子をくっつきやすくして、同時に一緒に吸い込んでしまう細菌やウイルスなどが気管支より下の器官に及ぶことのないように防御しているのです。

 

更に鼻の下にある「上唇溝」と呼ばれる溝も、常に湿っており、鼻表面の溝と共にニオイ分子を吸着させる役割を担っています。

 

猫の鼻が濡れているのは、匂いをなるべく吸着して、分かりやすくするためだったのです。

 

嗅覚がすごいと何に役立つのか

このように非常に高性能な猫の鼻は、様々なものを認識・判断するために用いられます。

 

例えば餌を嗅ぎ分けるのもその大切な働きの1つで、

 

  • 餌なのかどうかを嗅ぎ分ける
  • それが腐っていないかどうか
  • 必要な栄養素を含んでいるのか

 

など、「今の自分の食べ物に適しているかどうか」をも判断できるようになっています。

 

というのも、猫の肝臓や腎臓は人間と比べると負担を受けやすく毒素をあまりうまく分解できないため、最初から負担がかかりそうな食べ物を避ける仕組みになっているのです。

従って、何らかの原因で鼻が利かなくなってしまうとその餌を食べてよいかどうか判断が付かなくなるため、「本能的に食べることをためらってしまう=食欲がなくなる」というわけなのです。

 

また猫の嗅覚は猫同士の情報交換や飼い主を見分ける、更には温度を感知するといった働きもしています。

 

まとめ

  • 猫の嗅覚は人間の10万倍すごい
  • 匂いを感知する嗅上皮が人間より10倍大きい
  • 鼻の穴が大きく匂いを取り込みやすい
  • 鼻が濡れていて匂いを吸着する

 

こういった理由で猫の嗅覚はすごいのです。これによって猫社会では食べられるものかどうかを確認し、猫同士の情報を得たりしているのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ