猫がくしゃみをして鼻水を出す原因は?どんな病気がある?

猫がくしゃみして、鼻水を出すという風邪のような症状が出ることがあります。

 

いったいこの原因は何なのでしょうか。どんな病気が疑われるのか、紹介していきます。

スポンサードリンク

猫のくしゃみと鼻水

人間と同じように、猫もくしゃみをしたり鼻水が出たりします。その原因は、人間でもそうですが、ほこりや異物、刺激物、タバコや香水のニオイなどが体内に入るのを防ぐ働きもあります。

 

このような、ほこりや異物、刺激物の場合で一時的であれば特に問題ないのですが、風邪をひいたり、アレルギー症状だったり、深刻な病気を抱えているサインであったりもします。

 

何が原因で起こっているくしゃみと鼻水なのかをチェックする必要があります。

スポンサードリンク

猫が鼻水を出す病気と原因

慢性的な鼻炎にかかっている猫は、軽度の場合はさらさらした水っぽい鼻水、重度になると粘ついた鼻水に変わります。

 

鼻炎の原因としては、ウィルスだったりたばこの煙だったり、乾燥だったりさまざまですが、くしゃみも一緒に出ることが多いです。

 

猫ウイルス性鼻気管炎

猫ウィルス性鼻気管炎にかかっている場合は、くしゃみ、鼻水に加えて発熱の症状もあります。

 

これはヘルペスウィルスが原因で起こる猫風邪と呼ばれているもので、予防接種を受けていればひどくなることはありませんので、対策としては、定期的に予防接種を受けることをおすすめします。

 

もし、かかってしまった場合には、人間と同じように安静にして栄養を摂り、水分をこまめに補給するようにしましょう。

 

カリシウイルス感染症

猫風邪の一種で、カリシウィルス感染症というのもあります。これはヘルペスウィルスによって起こる風邪よりは症状が重いことが多いです。

 

くしゃみ、鼻水、発熱に加えて、口内炎や舌炎などを引き起こしたりします。重症化すると肺炎になる場合もあり、命の危険もありますが、これも予防接種を受けていれば大事に至ることはありません。

 

猫白血病

猫白血病ウィルス感染症というのもあります。これにかかった場合は、免疫力が低下し、風邪をひいたり体調を崩すことが増えます。

 

リンパ節腫瘍や、白血病などにもなりやすいことから、癌化ウィルスと呼ばれたりしています。

 

猫白血病ウィルス感染症は、感染した猫に噛まれたりすることで感染します。感染しても一生気づかず発症しない場合もありますが、一度発症してしまうと、現在は特効薬がなく、完治が難しい病気です。

 

アレルギー

アレルギー性鼻炎の場合もくしゃみと鼻水が出ます。

 

人間同様、近年ではアレルギーを抱える猫が増えています。猫風邪と症状が似ているので見分けにくいのですが、長引く場合は、何が原因なのか調べる必要があります。

 

アレルギーによる鼻水の場合は、透明でサラサラのものが続きます。感染症であれば、透明なものから白色、黄色、緑色などになっていくので、判断することができます。

 

原因は様々ですが、ハウスダストや、プラスチックや、金属だったり、食べ物によるアレルギーの可能性もあります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ