猫の連続くしゃみが止まらないのは病気!?どんな原因があるの?

猫も人もくしゃみというのは生理現象の1つで、鼻の中に入った異物を外に追い出す正常な反応です。

 

ただし一日のうちに何度も連続してくしゃみをしている場合には、何らかの病気が原因の可能性もあり、放っておくと大事に到ることもあるため早期発見と治療が大切です。

 

今回は猫のくしゃみが出ることが多い原因となる病気を紹介していきます。

スポンサードリンク

猫クラミジア感染症

くしゃみを伴う症状の1つに、「猫クラミジア感染症」という病気があります。

 

これは既に猫クラミジアという細菌に感染している他の猫と接触し、口や鼻、目などから菌が侵入することで感染するケースが殆どで、感染してから3~10日の潜伏期間の後、片目の炎症から症状が現れはじめます。

 

粘着性のある目ヤニを伴う結膜炎が特徴で、その他鼻水やくしゃみ、咳、気管支炎や肺炎が症状として現れることもあります。

 

猫クラミジアに感染していることが分かったなら、抗生物質をおよそ2~3週間継続して点眼や点鼻で投与して菌を殺していきます。ワクチンで予防することが可能です。

スポンサードリンク

猫ウイルス性鼻気管炎

くしゃみを連発する原因となる別の病気は、「猫ウィルス性鼻気管炎」という上部呼吸器感染症です。

 

これは「猫インフルエンザ」とも呼ばれており、原因となっているのは「猫ヘルペスウィルス1型」というウィルスなのですが、このウィルスは涼しい所を好むため猫の体の中でも比較的体温の低い目や鼻、口などに住み着いて症状を表します。

 

ウィルス感染後、2~10日間の潜伏期間を置いて、くしゃみや咳、鼻水、口内炎、鼻付近のヘルペス性皮膚炎角膜・結膜炎、目ヤニといった症状が現れます。

 

猫ウィルス性鼻気管炎に感染した場合、直接ウィルスを攻撃する特効薬がないため、二次感染を防ぐ目的で抗生物質を投与した後自然回復を待つことになります。

 

ヘルペスウイルスは野良猫はほぼ100%感染していると言われており、ケンカをしたときだけでなく、接触することで感染してしまいます。

 

そして、一度感染すると、ウイルスは身体の中からいなくなることはないのです。猫の調子が良いときには症状は出ませんが、何らかの調子を崩したときや、歳をとったときに症状が出てきます。

 

ワクチンもありますが、ウイルスにはいくつも型があるので打っていたとしても感染することもあります。

WS000133

クリプトコッカス症

くしゃみの他に粘液膿性の鼻水や血の混じった鼻水なども症状とする「クリプトコッカス症」という病気もあります。

 

これはハトの糞などに存在する「クリプトコッカス」という真菌(カビの仲間)を鼻や口から吸い、感染します。ただし、健康な猫では発症することはほとんどありません。

 

子猫であったり、歳をとっていたり、猫エイズや猫白血病などで免疫力が低下している時には発症することがあります。

 

クリプトコッカスが中枢神経に感染すると痙攣や運動失調、旋回といった神経症状が現れ、更に中枢神経から目の組織にまで感染が広がると失明することさえあります。また、鼻にできものが出来ることが多く、それで発覚することが多いです。

 

クリプトコッカス症が確認されたなら、抗真菌剤を投与して治療にあたります。ワクチンは無く、健康に注意するということしか出来ません。

 

カリシウイルス症

「ネコカリシウィルス」というウィルスに感染して起こる「猫カリシウィルス感染症」も、症状としてくしゃみを連発することがあります。

 

このウィルスは非常に感染力が強く猫が罹る病気として頻度が高いため、「ネコ風邪」と呼ばれることもあります。他の猫と接触したり、空気感染します。

 

症状としては口内炎や舌炎が見られることが特徴的です。

 

猫カリシウィルス感染症の特効薬はないため、症状に対する対処法を取り、抗生物質で二次感染を防いで猫の自然治癒を待つことになります。ワクチンで予防することも可能です。

 

猫エイズ

猫エイズが直接的にくしゃみを引き起こすということではありません。猫エイズに感染していると、どんどん免疫力が低下していきます。

 

その結果として、普段であれば感染しないようなウイルスなどに感染して症状が出ることがあるのです。

 

健康的だったのに、いろいろな症状が出てくる怖い病気です。

WS000135

ここまでが感染症の病気でくしゃみが出ることが多いものを紹介してきました。ただ、くしゃみだけが出るようになるということは少なく、目やにが出たり、口内炎が出来たり、鼻水を出していたりと他の症状が出ることが多いです。

 

目やにや鼻水の色が、白色、黄色、緑色をしているのであれば、感染症と考えて間違いないでしょう。

 

くしゃみを連続して、他の症状が出ているのであれば早めに病院へ行きましょう。ここからは病気というわけではないような、猫がくしゃみをする原因を紹介していきます。

 

刺激がある

鼻への刺激があるとくしゃみが出ます。犬ほどではありませんが、猫は鼻はよく、鼻の粘膜は敏感です。そのため、猫にとって刺激となるようなものを吸い込んでしまって、くしゃみの原因となっているかもしれません。

 

  • たばこの煙
  • 香水
  • 芳香剤
  • ほこり

ほこりを吸い込んでしまったときには、何度かくしゃみをしてから、納まることがほとんどですが、部屋の中に刺激となるニオイなどがあるときには連続でくしゃみをして、なかなか治りません。

 

アレルギーがある

猫にもアレルギーはあるんです。室内猫であれば、最近はどんどん増えてきているようです。そして、そのアレルギーの原因はなかなか特定できないことも多く、治すのは難しいことも。

 

ハウスダストやほこりが原因となることもあるので、お部屋の掃除はしっかりとしておきましょう。他にはノミやダニのアレルギーであることも、猫のノミダニ予防はしっかりと行い、ベッドやカーペットも清潔にしておきましょう。(ヒトのベッドなども要注意)

 

もちろん花粉症になることもありますよ。症状はくしゃみを何度もしたり、透明な鼻水を出すこともあります。

WS000132

鼻炎がある

病気のひとつにはなるのですが、鼻炎も連続くしゃみの原因となることがあります。この鼻炎の元になるのは、上に書いてある、鼻気管炎やカリシウイルスが原因となることも多いです。

 

他の症状は収まったのに、鼻だけズビズビと言わせて、くしゃみが止まらないという状態になることもあるんです。

 

その他にもアレルギーや刺激となるものが原因となって鼻炎に進行することも。ウイルスが原因であれば、抗生物質を長期間投与したり、アレルギーや刺激が原因であれば、原因を取り除くしか治りません。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ