猫に首輪はストレス?嫌がるときも必要?自分で外す対策は?

猫にとって首輪をすることは何が原因でストレスになったりするのでしょうか。

 

また、首輪を嫌がる時にも必要なものなのでしょうか?自分で外してしまうときにはどんな対策をすれば良いのでしょうか。

スポンサードリンク

猫が首輪をストレスだと感じる4つの原因

首輪は猫のストレスになってしまうこともあり、その理由の1つは首が締め付けられるほどにきついと感じるサイズになっていることがあげられます。

 

ただし、首輪が緩すぎることで危険な事故につながることもあるので、ストレスや事故につながらないよう適したサイズに調整してあげることが大事です。

 

2つ目は首輪の素材がストレスにつながってしまう可能性があるということです。

 

そして3つ目は、同様に首輪の素材や付属品によってアレルギーを発症してしまうことで、湿疹や脱毛などの症状がストレスになると言えます。

 

特にプラスチックや金属などに反応することが多いので、アレルギーが発生しない素材を選んであげるようにします。

 

4つ目は首輪についている鈴の音がストレスになることもあります。

 

一般的に猫の首輪に鈴が付いているイメージを持っている方が多いでしょうが、音に敏感な猫にとってはストレスの要因になるのです。

スポンサードリンク

猫に首輪は必要か

このように猫にとって首輪がストレスになってしまうことがあり、事故につながってしまうことがあるのに首輪が必要なのかと疑問に感じる方もいます。

 

また首輪を嫌がる猫も少なくないので、嫌がる場合であっても首輪が必要なのかと考えてしまいます。

 

猫に首輪をつける理由は様々考えられますが、迷子になってしまった時に探しやすいとか、飼われている猫と理解されるといったメリットがあります。

実際、首輪の迷子札によって迷子になった猫が発見される確率が高くなっているのです。

 

外に出て野良猫にまぎれてしまうと、保健所に連れて行かれると言った最悪の事態になってしまう可能性も考えられるので、嫌がる場合であっても必要と言えます。

 

ただ完全に室内で飼っている猫なら、首輪は必要とは言えないです。もちろん外に出さないようにする対策が必須です。

 

猫が首輪を嫌がる!外す対策は?

子猫の時から首輪に慣れさせていると問題なく首輪をつけていると思いますが、首輪に慣れていないと嫌がることもあります。

 

中には自分ですぐに外してしまうケースもあります。

 

そのような時の対策として何といっても重要なことは首輪に慣れさせることなので、少しずつ慣れるように訓練すると良いです。

例えば、一定時間首輪を着けて様子をみて嫌がるようであれば外して、時間を置いて再度着けるといったことを繰り返すのです。

 

そうすることで首輪をつけている時間が少しずつ伸びてきて、大体2~3日程度繰り返すと首輪に慣れることが多いです。

 

また首輪ではなくてヘアゴムで慣れさせる方法もあります。

 

細くて軽いヘアゴムなら猫も嫌がらないので、様子を見てヘアゴムに慣れた時点で、首輪を着け練習するのもひとつの手段です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ