猫の寄生虫の卵の大きさって?

猫に取りつく寄生虫の卵について今回はまとめています。

 

猫の寄生虫はたくさんありますが、猫回虫、瓜実条虫、猫鉤虫、マンソン裂頭条虫、鞭虫、トキソプラズマ、コクシジウム、トリコモナスなどがいます。

スポンサードリンク

猫回虫

猫回虫は、世界的に広く分布している寄生虫で、日本国内でも多くの発生例があります。猫回虫は年齢を問わず寄生し、感染した猫が虫の塊を吐くこともあります。

 

卵の大きさは50マイクロメートルです。人間の肉眼で観察できる限界の大きさで、点に見え、卵はほぼ球形です。1マイクロメートルは1ミリメートルの1,000分の1です。

 

猫の糞便中に排泄された卵が外界で発育して成熟卵となります。(猫がしてすぐの糞便中にある回虫卵を食べても感染しません。)

 

これをネズミやミミズを媒介したり、直接口に入れる経口感染で最終宿主である猫の体内で孵化します。猫回虫の詳細については⇒猫回虫の症状って?

WS000162

参照:http://nozawa.site.ne.jp/

瓜実条虫

瓜実条虫は、別名「犬条虫」と言われるほど犬に取りつくことが多い寄生虫ですが、犬だけでなく猫にも寄生します。またフェレットに寄生することでも知られています。世界的に派生しており、日本でもよく見られる条虫のひとつです。

 

卵はほとんど球形で大きさは30マイクロメートルから50マイクロメートルです。肉眼で観察するのはほぼ不可能です。ただし、瓜実条虫の卵は片節という身体の一部の中に入った状態で猫のお尻から出てきます。

 

瓜実条虫の片節は米粒ほどの大きさになります。そのため、猫の肛門から米粒のようなものが出てくることがあり、飼い主にも発覚することがあります。

 

この片節の中にいっぱいの虫卵が含まれているのです。片節をノミやシラミが食べて体の中で成長します。そしてそのノミやシラミを猫が毛づくろいなどで口に入って侵入することで感染してしまいます。

 

ノミを感染源としているため、田園地帯だけでなく都心部でも高い頻度で発生します。

WS000161

米粒、ゴマ粒みたいな片節。中に大量の虫卵があります。

WS000160

参照:http://www.aries-ah.com/

 

猫鉤虫

猫鉤虫は小腸の壁にくっついて吸血することで、成長不良や貧血を引き起こす寄生虫です。

 

鉤虫の虫卵の大きさは調べても出てきませんでした・・・知っている方いたらコメントください。

 

鉤虫の卵は糞便と一緒に出てきます。そして成長を続けて、幼虫になって、感染する力を獲得します。この状態の鉤虫を猫が口にすることで、感染したり、皮膚を食い破って侵入してくることもあります。

WS000159

参照:http://www.amy.hi-ho.ne.jp/

 

鞭中

日本では鞭中は犬ではある程度報告されていますが、猫の鞭中はほとんどありません。

 

卵の大きさは80マイクロメートルくらいです。鉤虫と同じような症状を出すことがあります。

WS000158

 

マンソン裂頭条虫

マンソン裂頭条虫はいわゆるサナダムシという寄生虫で、細長い数メートルにもなります。

 

瓜実条虫と同じように片節を持っており、この中に虫卵が大量に入っています。虫卵は水場で孵化して、ミジンコに寄生したのち、カエルやヘビに寄生します。

 

このカエルやヘビを猫が食べると、マンソン裂頭条虫は寄生してしまいます。(猫は動くもの大好きなので食べてしまうことは多いですよ)

 

マンソン裂頭条虫の卵の大きさはわかりませんでした・・・知っている方いたらコメントください。

 

WS000163

参照:http://www11.plala.or.jp/

 

トキソプラズマ

トキソプラズマは原虫の1種で、卵というのでなく、オーシストというものが排出されます。トキソプラズマのオーシストは10マイクロメートルくらいの大きさです。

 

このオーシストが口から入ると感染してしまいます。猫の場合はほとんど症状が出ることはありません。

 

WS000164

参照:http://www.cpvma.com/

 

コクシジウム

コクシジウムも原虫の1種で、卵ではなくオーシストと呼ばれるものが、便中に排出されます。

 

コクシジウムオーシストの大きさは10マイクロメートル程度です。猫が感染すると下痢をしてしまい、子猫では血便まで進行することがあります。

 

オーシストが口から侵入することで感染してしまいます。

 

WS000165

参照:http://kiyomivet.blog112.fc2.com/

 

トリコモナス

トリコモナスも原虫です。オーシストは10マイクロメートルくらいです。子猫で下痢の症状が出ることがあるくらいで、症状が出ないキャリアーになってしまうことが多いです。

 

WS000166

オーシストではなくトリコモナス原虫です

 

原虫の3種類はオーシストが便中に含まれているので、感染力が出る前に捨ててしまうということが大事です。駆虫している間はトイレは清潔にしておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ