猫が血尿している!オス・メスで原因は違う?

猫が血尿をしていたら、はやく病院に行った方がいいですが、いったいなぜ血尿が出てくるのでしょうか。

 

猫の血尿が出る原因について紹介していきます。

スポンサードリンク

猫の血尿

猫は血尿の症状が出る病気にかかりやすいというのをご存じですか?尿に血が混じる症状は、大きく分けて2種類あります。

 

膀胱や腎臓に異常が出ている可能性がある「血尿」

ネギや玉ねぎを食べて中毒を起こしていたり、ウィルスに感染していたりすることで、体の中の赤血球が壊されて、ヘモグロビンが尿に混じる「血色尿素」

 

この2つによって血尿が出ていることがほとんどで、重大な病気が隠されているサインであることも多いので、日頃から尿の色には注意する必要があります。

スポンサードリンク

血尿の原因

血尿といっても、その原因によって症状が違ってきます。いちばん多いのは膀胱炎ですが、膀胱炎のほとんどの場合は細菌感染から起こりますが、ストレスでなる場合もあります。

 

老猫は免疫力が低下するため、細菌に感染しやすくなり、繰り返し再発することも多いようです。

 

膀胱炎の症状は、おしっこの後に残尿感があるので、何度も何度もトイレに行くようになりますが、おしっこは少量しか出ず、また血尿が出たり、濁ったおしっこが出ることもあります。

 

急におしっこの回数が増えたり、お腹を触ると痛がったり、熱が出たりすることもあるので、そんな症状が出たら病院で検査しましょう。

ws000133

他の原因としては、玉ねぎや長ネギなど、ネギ類を食べたことによる中毒症状です。

 

ネギ類には、猫の体内の赤血球を壊してしまう成分が含まれていて、それが原因でおしっこに血が混じるのです。

 

症状としては、ネギの臭いがする赤や黒っぽいおしっこが出たり、嘔吐や下痢、貧血状態なと、元気がなくなったりもします。

 

人間の風邪薬を飲んでしまった時も、同じように溶血の症状が出ることがあります。

 

もし吐いてしまった場合は、その嘔吐物を病院に持っていくと、何を食べたことによる中毒症状なのかがわかりやすいので、そんなことも覚えておくと良いでしょう。

ws000134

そして他には、尿路結石の場合にも血尿が出ます。結石がある場合は、おしっこが少ししか出ないので、トイレに行く回数が増えます。

 

痛むこともあるので、辛そうな声で鳴いたり、不快感があるような様子が伺えたりします。突然血尿が出たりもしますが

 

、これは、尿道にある結石が尿道や膀胱を傷つけている疑いがあります。また、ひどくなるとおしっこが全然出なくなり、そのまま放っておくと、さらに腎臓にも負担がかかって尿毒症も併発する恐れがあります。

 

尿毒症になると、下痢、嘔吐から脱水症状になり、命の危険もあります。日頃よりおしっこの出が悪いなと感じたら、病院で受診しましょう。

ws000135

ちなみに、オス猫は尿路結石などによる尿道のつまりから血尿がでる場合が多く、メス猫は、膀胱炎からの血尿の場合が多いと言われています。

 

これは身体の作りが違うことから起こってきます。オス猫は尿道が長いので、結石が詰まりやすくなります。メス猫は尿道が短いので細菌感染から膀胱炎になりやすいのです。

 

もちろん、なりやすいのであって、ないというわけではないので、猫の血尿の原因はオス猫とメス猫で変わらないということになります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ