猫の結膜炎って自然治癒する?治療法は?うつったりするの?

猫の結膜炎って放っておいても自然治癒するのでしょうか?どうやって治療していくのでしょうか。

 

他の猫や人間にうつってしまうことはあるのでしょうか?

スポンサードリンク

猫の結膜炎は自然治癒することがある

猫の結膜炎は自然治癒することもあれば、治療が必要な場合もあります。自然治癒するのは目にゴミが入ったり長い毛が常に目に入っていた入りする場合です。

 

症状が軽度であれば、ゴミが取れる治りますし、長い毛が入っているならカットしてあげると結膜炎も自然治癒します。

 

ただし、子猫や年を取った猫の場合は回復力が遅いので、目薬をさしてそれ以上ひどくならないようにしてあげる必要があります。

 

どうしても猫は目に違和感やかゆみがあると、こすってしまい悪化することが多いです。ゴミが入って結膜炎になっているときには、うつることはありません。

目薬は動物病院で処方されたものを使用します。人間が使用する目薬と同じなので、自分が結膜炎になって眼科で処方された目薬であれば猫に使用しても問題ありません。

 

ただし、市販の目薬には猫にとって良くない成分が含まれていることもあるので必ず病院で処方されたものを使います。(メントールなど)

 

病院では目の洗浄もしてくれます。もし、病院を極端に嫌がるようなら、精製水にホウ酸をいれでホウ酸水を作り自宅で目を洗浄してあげることもできます。

スポンサードリンク

猫の結膜炎で自然治癒しないもの

自然治癒しないのは原因が病気である場合です。猫ウイルス性呼吸器感染症、猫カリシウイルス感染症、クラミジア感染症、マイコプラズマ感染症などの場合は自然には治りません。

 

猫ウイルス性呼吸器感染症と猫カリシウイルス感染症になった場合の治療法は抗生物質を投与するというものです。重症化しなければ、2週間以内で回復します。免疫力を高めるためにネコインターフェロンを投与することもあります。

 

クラミジア感染症の治療法も抗生物質の投与になります。重症化しなければ、2週間~3週間で完治します。ただし、重症になっていると点滴が必要になることがあり、完全に治るまでに1ヵ月以上かかることもあります。

 

マイコプラズマ感染症の治療法は抗生物質や副腎皮質ステロイドを使用する内服治療です。目の状態や体調がおかしいと感じたら、すぐに適切な治療をすれば結膜炎も治ります。

ウイルス性の結膜炎の場合は、感染している猫と接触するとうつってしまいます。人間や犬に映る可能性はほとんどありませんが、猫同士だとうつります。

 

そのため、猫を複数飼っているなら1匹が感染したら隔離して他の猫が感染しないようにする必要があります。

 

また、猫を家の外に出すことが多い場合は、よその猫からうつされてしまいます。感染症ではなくゴミなどで角膜炎になっている場合は、ゴミが入った方しか結膜炎になりませんが、感染性の場合は両目が角膜炎になります。

 

目の症状は比較的早くでるので、猫の調子を判断しやすい場所です。目も含めて猫の体調を毎日小まめにチェックしておくようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ