猫の血液型!種類は何がある?割合は?性格が違う?

猫にも血液型がありますが、何種類あるか知っていますか?人間と同じようにA型、B型なんてあるのでしょうか?

 

また、人間では血液型で性格が違うなんて言われたりしますが、猫にもあるのでしょうか。猫の血液型について紹介していきます。

スポンサードリンク

猫の血液型の種類と割合は?

人間と同じように猫にも血液型があります。今の時点において分かっている血液型は「A」「B」「AB」の3種類です。猫に「O」はありません。

 

割合はA型が約80%、B 型が約20%、それ以外がAB型です。つまり、猫のAB型は1%以下で極めてまれということになります。

 

過去に行われた日本に関する調査では、A型がしめる割合が全体の90%を上回りました。ちなみにAB型の猫は両親ともにAB型でないと生まれません。

 

猫の種類によって血液型の割合が違う

種類によってはB型の確率が高いものもあります。たとえばデボンレックス、ブリティッシュショートヘア、エキゾッチックショートヘアなどは30%以上がB型です。

 

逆にシャムやオリエンタルショートがB型ということはほぼありません。また、アメリカンショートヘア、ベンガル、メインクーンもB型が少ないことが分かっています。

 

A型はどの種類の猫でも1番多い割合です。

スポンサードリンク

どうやって血液型は決定されている?

A型、B型、AB型の3種類の血液型が猫にはありますが、人間とは決まり方が違います。もちろん遺伝子によって決まっています。

 

猫の血液型を決定する遺伝子は3種類あります。

 

【A】A型遺伝子

【B】B型遺伝子

【AB】AB型遺伝子

 

猫はこの遺伝子を2つ持っています。父猫と母猫からそれぞれ1つずつ受け継がれて、その組み合わせで血液型が決まるのです。

 

A型遺伝子を2つもっている【A】【A】⇒⇒A型になる

B型遺伝子を2つもっている【B】【B】⇒⇒B型になる

AB型遺伝子を2つもっている【AB】【AB】⇒⇒AB型になる

A型遺伝子とB型遺伝子をもっている【A】【B】⇒⇒A型になる

A型遺伝子とAB型遺伝子をもっている【A】【AB】⇒⇒A型になる

B型遺伝子とAB型遺伝子をもっている【B】【AB】⇒⇒AB型になる

 

これを見るとA型遺伝子が1番強くて、次にAB型遺伝子、1番弱いのがB型遺伝子ということが分かります。

 

 血液型が違うと繁殖できない可能性がある

猫の血液型は輸血の時に必要と考える方が多いと思いますが、ブリーディング(品種の向上を目指して行う繁殖)を考えている場合も事前の確認が必要になります。

 

ブリーディングをする場合、B型の母猫のときには注意が必要です。

 

B型の母猫の初乳をA型の子猫に与えると赤血球が壊れて死亡することがあります。これは異物と認識してしまって、攻撃してしまうからです。

 

子猫がどうしても欲しいときには、事故があってからでは遅いので血液型を調べておいたほうが安心なんです。

猫は血液型で性格が違う?

日本では人間の血液型で性格を判断するというのが人気がありますが、性格というのは家庭環境や遺伝的要素も関係するので血液型だけで決まるものではありません。

 

猫の場合血液型と猫の性格とは関係がありません。

 

日本の猫の9割がA型であることを考えると、もし血液のパターンだけで性格が決まるとすれば、どの猫もほぼ同じ性質ということになってしまいます。ですが、実際にはそのようなことはあり得ません。

 

猫の性格は、父猫の性格や母猫がどのように接してきたか、兄弟とどのようにかかわってきたかということが影響します。

また、毛色、生後の栄養状態、人とどれだけ接触してきたか、育った環境なども影響を与える要素です。

 

たとえば、毛色が黒の場合は友好性が高く、オレンジの場合は攻撃性が強いとする研究結果もあります。また、飼い主が猫と過ごす時間が多い場合、遊び好きで社交的になる傾向がありますが、飼い主との接触が少ないとマイペースになりがちです。

 

もっとも猫の種類によってはある程度の性質の違いががあります。

 

たとえば、ペルシャはおとなしくて物静か、マンチカンは社交的で好奇心旺盛、アビシニアンは頭がよく甘えん坊で遊びが大好きです。

 

もちろん個体によって違いはありますが、ある程度の性質を知っておくとどんな種類の猫を選べばいいか決めやすくなります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ