どうなっているの?猫が毛玉を吐くのは大丈夫?

猫が急に毛玉を吐いた!?それって大丈夫か心配になりますよね。猫が毛玉を吐くことは珍しくないのは知っていますか?

 

猫が毛玉を吐く理由とはどんなものなのでしょうか。

スポンサードリンク

猫が毛玉を吐くのは自然なこと

元気な様子の猫が、急に苦しそうに毛玉を吐くことがあります。そんな姿を見ると、どこか体の具合が悪いのか、大丈夫かな?と心配になる飼い主さんもいるでしょう。

 

猫には、自分の体を舐めて毛並みを整える、毛づくろいの習性があります。猫の舌はざらついているので、体の舐めた時に抜けた毛が舌にくっついて、そのまま毛を飲み込んでしまいます。

 

お腹の中の毛は、便と一緒に出てきたり、口から吐き出すなどして外に排出されます。しかし、上手く外に排出されない場合もあり、そのままお腹の中に溜まった毛が毛玉となります。

スポンサードリンク

毛玉ができると、猫は自分でお腹の違和感を感じるので、何とか毛玉を吐こうとします。

 

苦しそうに嘔吐している姿を見ると、かわいそうになります。でも、毛を吐くことは猫によくある自然な反応なため、特別なことではないので大丈夫です。

 

一度の嘔吐で上手に溜まった毛玉を全部吐く猫もいれば、数回に分けて少しずつ吐くこともあるので、注意しながら見守りましょう。

 

また、猫の毛が茶色や黒の場合は、便が口から出てきたのかとびっくりする飼い主さんもいるかもしれませんが、毛なので安心して下さい。

 

逆に毛づくろいしていても、毛玉を吐かないで便で全部排出してしまう猫もいるので、排便後に便に毛玉が混じっていないかもチェックして下さい。

WS000136

猫はわざと吐くことがある

また猫は毛玉を吐くために、草を食べることがあります。猫が食べるのは主に葉先が鋭く、トゲトゲしているイネ科の草であり、「猫草」とも呼ばれています。

 

葉先が鋭い草を猫が選ぶのは、草の葉先が胃壁を刺激すればうまく毛玉を吐き出すことができるからです。毛玉を吐きたいときだけなく、お腹の調子が悪くてムカムカしていたりするときにも草を食べて、吐いて胃の中をスッキリさせるのです。

 

ただ、草を食べずにドライタイプのキャットフードを丸飲みして、胃壁を刺激させる猫もいますが、もし猫が草を食べている姿を見かけたら、これから毛玉を吐くという合図にもなるので、飼い主さんは心の準備ができるでしょう。

 

猫が毛玉をよく吐くときは

毛玉をよく吐くのは、毛づくろいの回数が多かったり、ペルシャやチンチラといった長毛種、ブラッシングが不十分、ストレスが溜まっている、皮膚や毛の状態が良くないといった条件に当てはまる猫のケースがほとんどです。

 

また、時期としては春や秋の毛がよく抜ける時期も該当します。ヒトの手で対処することが出来るのは、ブラッシングをこまめに毎日してあげたり、ストレスを軽減したりすることです。

 

そしてお腹の調子が悪くなったときに、いつでも猫が吐けるように猫草は常に用意しておくほうがいいのです。

 

毛玉を上手に吐いて外に出せる猫は大丈夫ですが、逆に上手に吐けないと、毛玉がお腹の中でどんどん大きくなっていき毛球症という病気になります。

 

この毛球症は胃の中を圧迫して、常に刺激となるので、嘔吐を繰り返したり、腸管に詰まって、閉塞させてしまい死に至るケースもあるのです。

 

食欲不振や便秘、頻繁な嘔吐などの症状があれば、できるだけ早く獣医さんに診てもらいましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ