猫の毛の中に虫が?一体何?寄生虫なの?

猫の毛の中に虫が見えるときがあります。これらはノミやダニ、シラミなどで外部寄生虫と考えられます。

 

厄介な病気の媒介となることもありますし、何より不潔です。猫もこういった寄生虫にたかられると、かゆみがひどくなり、皮膚炎を起こすことがあります。

スポンサードリンク

猫や犬は言葉をしゃべることはできません。飼い主がいつも接してあげて、注意する必要があります。

 

猫の毛の中に虫が見えたときには何なのかチェックしてあげるようにしましょう。

スポンサードリンク

ノミ

外部寄生虫の代表がノミです。主にネコノミという猫にのみ寄生するノミが毛の中にいることがあります。体長は2ミリほどで黒っぽく見えるものですが、たとえにも使われるほど大変な跳躍力も持っています。

 

これは猫だけでなく、人間の血も吸います。動きが早いため、毛の中を素早く動く黒い点がいるなら、ノミの可能性が高いです。

 

ノミは糞便を残すため、それで確認することもできます。ノミの糞便は黒くて小さく、つぶすと赤くにじみます。

 

ノミに血を吸われることでノミアレルギー性皮膚炎を引き起こすこともあります。ノミが吸血したときに出す唾液がアレルギーの原因です。

 

ノミアレルギーは赤いブツブツができて、非常にかゆがります。このような症状が出たら、早急にノミを駆除しましょう。

 

気を付けたいのは、指でつぶさないことです。指でつぶすと、ノミの体内の卵が毛の中にまき散らされるだけで、結局何の解決にもなりません。動物病院に連れて行って、ノミ駆除薬を処方してもらいましょう。

WS000005

参照:http://www.utonai-ah.com/

耳ダニ

また、猫にはダニが寄生することがあります。厄介な虫で、これも動物病院で薬を処方してもらって対処しましょう。よくあるのが、猫の耳に寄生する耳ダニと呼ばれるものです。

 

猫の耳の垢や分泌物を食物として居座るダニです。猫がしきりに頭を振ったり、傷がつくほど耳や頭をかきむしっているときには、耳ダニに感染している可能性があります。

 

見た目は猫の耳の中が黒い耳垢だらけであれば、耳ダニがいる可能性が高いです。

 

放置していると皮膚病にもなりますし、かゆみが全身に広がることもあります。早めに対処しましょう。また、ダニはシャンプー程度では収まりません。

 

動物病院はお金もかかりますが、症状が悪化する前に対処してあげましょう。

 WS000006

参照:http://healthil.jp/

ニキビダニ

また、ニキビダニという皮膚炎を起こすダニもいます。ダニやノミは通常、子猫に取りつくことが多く、成猫にはあまり取りつきませんが、これは老猫にも取りつきます。

 

老猫は免疫力が低下しているため、症状の進行が早いことがあります。炎症や脱毛などの症状を引き起こします。

 

マダニ

皮膚に食い込んだイボのように見えることがあります。マダニは無理やり取らないようにしましょう。

 

マダニの詳細はこちらの記事へ⇒マダニの取り方!?

 

シラミ

また、猫だけに取りつく猫ハジラミというシラミもいます。2ミリ程度の大きさで、ノミのように跳躍するわけではないので、毛の中を中心に探すと見つけることができます。

 

白っぽいフケのようにも見えます。寄生されるとフケが多くなり、発疹などの症状が出ますので、こういった場合には確認してみましょう。

WS000007

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ