猫にケージは必要?ストレスにならないの?メリットは?

猫にケージは必要かどうかというのは猫を飼う上で、気になる情報かもしれません。

 

猫にケージはストレスにならないのか、猫にケージを使うことのメリットは何があるのか紹介します。

スポンサードリンク

猫のためのスペース

マイペースに動き回るイメージの強い猫を飼うのに、ケージに入れるか入れないかは賛否両論あります。

 

狭いところに閉じ込めてしまうのは可哀想という意見も多いです。

 

しかし、初めて猫を飼うという場合や、特に子猫には環境の変化に慣れさせるために自分のスペースとして、ホッと落ち着ける場所になることや、しつけがしやすいという点など、あった方が便利なことが多いです。

スポンサードリンク

ケージのメリット

猫は、環境の変化に敏感な生き物です。

 

親元から離れたり、環境の変化から、食事を摂らなくなったり、水を飲まなくなったり、お腹を壊したり、おしっこをしなかったりと、様々な症状が現れたりすることがあります。

 

ケージの中が、新しい自分の落ち着けるスペースだと思ってもらえたら、安心して過ごせるようになります。

 

特に子猫は、とめどなく遊び続けるので、食べ物を消化するパワーまで使い切ってしまうことがあるそうです。

 

自分のペースをつかむまでは、遊び過ぎに気を付けて、ケージの中に入れて休憩させてあげると、自分の居場所と感じられるようになります。おしっこの場所を覚えさせるしつけとしても、あると便利ですね。

WS000016

それから、猫は食べてはいけないものがたくさんあるので、拾い食いなどしないように、食事の支度で手を離せない時など、ケージの中に入れておくと安心です。

 

ケージの中で食事をさせるというのも、自分のスペースとして意識させるのには良いことです。

 

食べ物に限らず、部屋の中には猫にとって危険なものもたくさんあるので、部屋の環境に馴染むまでは、外出する時などもケージの中に入れておくと良いでしょう。

 

ケージの中が安全な場所だと覚えさせることができれば、災害時など何かあった時にもパニックを起こさず、速やかにケージに入るようになるので、飼い主さんも慌てずに済みます。

 

猫をケージで飼うときのポイントがあります⇒⇒猫をケージで飼うときの6つのポイントとは!

ws000139

ストレスにならないための工夫

猫にとってケージはストレスになるかどうかと言えば、ストレスに確実になります。

 

もちろん、遊び好きな猫は、狭いケージにずっと閉じ込められればストレスになりますので、入れっぱなしは良くありません。出来る限りの長い時間は、猫をケージから出してあげるのは必要です。

 

そして、猫は上下運動が大好きなので、ケージは2段以上、できれば3段以上になっているものを選ぶと、ストレスが少しは溜めずにすむでしょう。

 

部屋ごとに、眠る場所、おしっこをする場所、ご飯を食べる場所など分けて整えてあげるのも、猫にとっては快適スペースになります。

 

あとは、過ごしやすい室温に整えてあげることや、暑さや寒さ対策として、グッズを置いてあげたり、居心地の良いスペースにする工夫にして気に入ってもらえるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ