猫の風邪の症状と原因は?

猫が風邪をひくことがありますが、どんな症状を出すのでしょうか?

 

また、その猫風邪の原因とはいったいなんなのでしょうか。

スポンサードリンク

猫風邪とは

猫も人間のように風邪を引きます。ただ、猫風邪という病名はありません。あくまで人間の風邪と同じような症状が出る感染症を、猫風邪と呼んだりするのです。

 

猫風邪の主な原因はヘルペスウィルスやカリシウィルスやクラミジアなどに感染することで引き起こされるものがほとんどです。

 

こういった病原菌は他の猫からうつされることで、感染します。

 

猫風邪になると免疫力が低下し、さらに別のウィルスに感染するなど重症化する恐れもありますので注意しましょう。

スポンサードリンク

猫風邪の症状

猫風邪にかかると、鼻水やくしゃみ、発熱など、人間の風邪の症状に似ています。加えて、感染したウィルスなどの種類によって、異なる症状も現れます。

 

ヘルペスウイルス

ヘルペスウィルスに感染することで起こる「猫ウィルス性鼻気管炎」にかかった場合は、鼻水やくしゃみ、発熱などの他に、大量の目やにが出たりすることがあります。

 

この場合は、角膜炎や結膜炎になっていることが多いです。

ws000142

カリシウイルス

カリシウィルスに感染して起こる「猫カリシウィルス感染症」にかかった場合は、鼻水やくしゃみ、発熱の他に口内炎や舌炎の症状が現れます。

 

口の中に腫瘍や水疱などができて、その痛みでよだれが出やすくなったりします。

 

それが原因で口臭もきつくなることもあります。さらに悪化すると、軽度の肺炎や、関節炎などを引き起こすこともあります。

 

クラミジア

猫クラミジアという細菌が原因の「猫クラミジア感染症」に感染すると、まず目の炎症から症状が出ることが多く、目やにも多く出るようになります。

 

鼻水やくしゃみ、咳などの症状も現れます。猫クラミジア感染症は、長引きやすく慢性化しやすいのが特徴です。

WS000017

猫風邪の原因は主に「猫ウィルス性鼻気管炎」と「猫カリシウィルス感染症」と「猫クラミジア感染症」の3種類ですが、人間の風邪と同じで、感染した猫のよだれや鼻水、咳やくしゃみなどから感染します。

 

細菌性の「猫クラミジア感染症」の場合は、治りにくいものですが、完治できる薬があるため、感染した猫からうつらないように気をつければ再発することはありません。

 

ウィルス性の「猫ウィルス性鼻気管炎」の場合は完治することはありません。体の中からウイルスがいなくなることがないのです。

 

症状がおさまってもウィルスは潜伏している状態なので、免疫力が低下した時などに再発しやすくなります。

 

「猫カリシウィルス感染症」の場合は、重症化しなければ治るもので、免疫力を獲得するので2度目に感染することはほとんどありません。

WS000016

猫風邪は、このように一度発症してしまうと、免疫力が低下した時などに繰り返し発症する場合があります。猫

 

にとって、なかなか辛い症状も多いですし、猫は自分で安静にするという意志がもてないのでなかなか治らなかったりするので、予防するのがいちばんです。

 

猫風邪はワクチンによって予防できるので、免疫力の低い子猫のうちに予防接種を受けることが大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ