猫がいびきをかいている!?原因は?病気かも?

猫もいびきをかくことがあります。これって正常なのでしょうか、もしかしたら病気なんでしょうか。

 

猫のいびきの原因と病気について紹介していきます。

スポンサードリンク

猫のいびき

猫も人間同様、いびきをかきます。人間のいびきは、眠ることでノドが狭くなり、息が鼻からノド、気道へと通る時に出る摩擦音のことを言います。

 

猫も、ノドが狭くなることによって出るいびきなら問題がないのですが、鼻腔内が狭くなることによって出るいびきの場合は、病気の兆候かもしれないので、注意する必要があります。

 

ただ、これを見分けることはなかなか難しいため、いびきがひどいときには、どんな病気の可能性があるかは頭に入れておきましょう。

スポンサードリンク

いびきの原因と病気

ペルシャやヒマラヤンのように、もともと鼻腔の狭い種類の猫は、通常でもいびきをかきやすい傾向にあります。

 

猫のいびきは病気もサインである場合が多いので、疑われる症状をみていきましょう。

 

猫の肥満はいびきの原因

まずは肥満の場合はいびきの原因になります。人間でも、太っている人がよくいびきをかくイメージがありますが、太っている猫は脂肪が気道を圧迫していまうので、いびきをかきやすくなります。

 

適度な運動をさせるようにして、首や顎などに、無駄な脂肪をつけないように気を付けましょう。

WS000017

猫でもアレルギーでいびきに

アレルギーの疑いのあるいびきもあります。なんらかのアレルギーによって鼻腔内や気道が腫れて呼吸がしにくい状態になることで起こるものです。

 

いびきが続くといろいろな体調に影響が出ると言われています。

 

免疫力の低下、高血圧などにならないよう、何によってアレルギーが起きているのかを特定し、症状が出ないように対処することが必要です。

ws000135

感染症でいびきが出ることも

あとは、感染症によって起こる鼻炎も疑われます。

 

クラミジアや、猫カリシウィルス、猫ウィルス性気管支炎など、一般的な猫の風邪と呼ばれる感染症で、鼻の粘膜が炎症をおこすことにより鼻炎になり、鼻腔内が狭くなって起こるいびきもあります。

 

感染症の場合は、熱が出たり、鼻水が多く出たり、くしゃみをしたりすることがあります。よく外に出る猫は、外からのウィルス感染に気を付ける必要があります。

WS000135

怖いけど腫瘍でもいびきをかく

他には、鼻腔内腫瘍の疑いがあるいびきもあります。当たり前ですが腫瘍ができていると、鼻腔が狭くなってしまうのでいびきが出るのです。

 

くしゃみや鼻水も出たりしますが、鼻血がよく出るという症状もあります。腫瘍ができている場合は、放っておくと命の危険もあるので、気づいたら早めに病院で受診しましょう。

WS000139

心臓が悪くてもいびきをかく

それから、心筋症の場合でもいびきが増えます。心筋症は、初期のころは気づきにくく、元気がないなという程度だったりするので厄介です。

 

特に多い肥大型心筋症になると、猫の心臓の筋肉が分厚くなって、気管支や心臓を圧迫することによっていびきをかきやすくなるのです。

 

これも、気づいたらすぐに病院で受診した方がよいですね。

 

このように、猫のいびきにはいくつもの病気が潜んでいることがあるので、それが気にすることのないいびきなのか、そうでないのかを注意深く見守ることが大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ