猫は冬の方が食欲旺盛?季節で違うの?

猫は、季節によって食欲が旺盛になったり、食欲が落ち着いたりする動物です。

 

猫の季節ごとの食欲の違いについて紹介していきます。

スポンサードリンク

一番食欲が落ちるのは夏

1年の中で食欲が落ちるのが夏です。これは、気温がもっとも高く、体温を作り出すためのエネルギーがそこまで必要ではなくなるからと言われています。

 

また、夏の暑さによって食欲が落ちてしまうというのは、人間と同じです。つまり猫も暑すぎることで、夏バテになってしまうのです。

ws000134

食欲が普通になるのが春と秋

食欲が1年の中で、他の季節と比べて普通という状態なのが、春と秋です。これは気温が過ごしやすく、のんびりできる季節だからでしょうか。

 

季節によって食欲が違うのは、いろいろな説があります。気温の変化によるもの、日照時間によるもの、食べ物の消化能力が変化するなどと言われています。

ws000136

 

一番食欲が旺盛になるのは秋の終わりから冬

寒い季節である冬を迎えると、猫は食欲が旺盛になります。猫が寒い冬になると食欲旺盛になるのには、2つの理由があります。

 

1つ目の理由は、食欲旺盛になってご飯をたくさん食べることによって皮下脂肪を蓄え、寒い冬でも温かく過ごすことができるようにするためです。

 

猫は自分の体温を使って、暖をとることができるように工夫することができる動物です。したがって、皮下脂肪を蓄えることによって、保温能力を上げているのです。

スポンサードリンク

2つ目の理由は、食欲旺盛になってご飯をたくさん食べることによって、エネルギーを補充しているからです。

 

い時期には体温を維持するためには、エネルギーが多く必要なんです。夏場は気温が高いので、この体温維持にはそこまでエネルギーを必要としません。したがって、エネルギー切れになってしまわないように、冬にはしっかりご飯を食べてエネルギーを補充します。

 

この2つの理由から、飼っている猫が、寒い冬を迎えた途端に食欲旺盛になったとしても、不思議なことではないのです。

ws000133

食欲が旺盛な時期に気をつけること

寒くなってくる時期に食欲が旺盛になってしまうのは、生きていくうえで必要なことなんですが、本能としての行動とも言えます。

 

家で飼っている猫というのは、暖房がついた部屋にいることが多いので、食欲旺盛だからといって猫が食べたいだけご飯をあげてしまうと、肥満になってしまいます。

 

つまり、冬を迎えて家の猫が食欲旺盛になっても、飼い主は肥満にならないように気を付けてあげることが大切です。

 

食欲旺盛になった猫が肥満にならないようにするためには、高カロリーなものを与えないようにして、しっかり運動をさせることが大切です。家の中だけで飼っているなら、とくべつフードの量を増やすということは必要ないでしょう。

 

(部屋の中が冷え込んだりするのであれば、食べさせる量は増やしてあげてもいいです)

ws000138

冬になってから、食欲が逆に落ちてしまうようなことがあれば、病気の可能性があるので、しっかり注意を払ってあげましょう。

 

体調の悪そうな場合には、すぐに動物病院に連れていくようにして、猫の体調管理をしてあげるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ