猫の冬の寝床はどんなふうにしてあげればいいの?

寒い冬を迎えると、暖をとることができるようにベッドに毛布や布団をだして快適に眠ることができるように準備を行います。

 

それは猫も同じで、寝床で眠るときに寒くないように、暖かい寝床をつくる必要があります。冬の寒い時期の猫の寝床はどうすればいいのでしょうか。

スポンサードリンク

猫の冬用寝床は、当然ですが夏よりも暖をとることができるようなものにしてあげましょう。

 

「暖かいから、こたつをそのまま寝床にしては?」と考える方もいるのではないでしょうか。

 

温かいところが好きな猫は、よくこたつにもぐりこんで丸くなっている子もいることでしょう。しかし、こたつを寝床にすることはできません。

 

それは、暖かくなりすぎてしまうからです。猫の寝床が温かければ温かいほど良いわけではありません。猫も体温調節をすることが必要であることから、暖かすぎないことも大切なことです。

 

こたつはあくまでも一時的に暖をとるための場所であり、寝床にするものではありません。また、こたつを猫の寝床にして、長時間居させてしまうと、低温火傷をしてしまいます。

ws000138

 

また、「電気カーペットの上を猫の寝床にしてはどうか?」と考えることも。これも、こたつと同じ原理で体温調節がうまくできなくなってしまう場合があります。

 

さらに、こたつと同じように猫が低温火傷をしてしまうおそれがあるので、電気カーペットを使うときには、飼い主さんと一緒にいるときだけに留めるようにしましょう。

 

ただし、動物専用の温かくなるシートに関しては、取り扱い説明書をよく読んで、猫が長時間使用しても大丈夫なものであれば、寝床に使用してあげてOKです。

ws000141

では、寒い冬には猫のためにどのような寝床を準備してあげるのがベストなのでしょうか。

 

基本的には、毛布やブランケットを準備してあげるだけで十分です。猫は、からだをくるむものがあれば、自分で寝床を整えて、その中で暖をとることができます。

 

寒い日には、1枚しかあげていなかったブランケットを、2枚に増やしてあげるなどして、暖をとりやすくしてあげると良いでしょう。

スポンサードリンク

猫の寝床を準備する際には、場所もポイントです。

 

なるべく、窓際にはおかないようにしましょう。窓際は、日が暮れると一気に気温が落ちて、部屋の中でも一番寒い場所となります。

 

そのため、猫の寝床をそこに準備してしまうと、いくら暖をとれるブランケットを用意してもらったとしても、猫は温まることができません。

 

つまり、なるべく窓際ではないところに寝床を準備してあげ、猫が快適に眠れるようにしましょう。

 

また、床に直接、寝床をつくるのもやめたほうがいいです。床から離しておいたほうが暖かいからです。

ws000139

猫のハウスの中に毛布などで寝床を作ってあげるのも、寒さ対策になります。ハウスが無ければ、ダンボールの中に用意します。周りを囲まれていると空気の流れが減って、暖かくなりやすいのです。

 

子猫や老猫がいて、部屋の中が冷え込んでしまうときには、寝床を準備するだけでなくエアコンもつけてあげると安心です。もしエアコンをつけないのであれば、湯たんぽを使ってあげましょう。

 

こちらの記事も参考にしてみてください⇒⇒猫の寒さ対策はどうする??

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ