猫は冬で寒い!?夜や留守番のときに暖房はつけておく?

寒い冬のある日、どうしても猫を一人で留守番させておでかけしなければならない、という時がありますよね。

 

猫は寒がりのイメージがあることから、暖房をつけて外出した方がいいのか迷うという方も多いようです。

 

特に、夜はとても冷え込むので、暖房をつけずにおでかけするのは、猫が可哀想に思えてしまいます。夜や留守番の時には暖房はつけておくべきなのでしょうか。

スポンサードリンク

猫に留守番、夜に暖房は必要か?

そもそも、猫が心地よく過ごすことができる温度は、何度くらいでしょうか。猫が心地よく過ごすことができる温度は、20度から23度であるといわれています。

 

これは、人間が心地よく過ごすことができる温度と同じくらいです。したがって、夏の暑すぎる日は、冷やしてあげるものが必要ですし、冬の寒い日には温めてあげることが必要です。

 

つまり、冬の寒い夜や留守番をするときには、猫が暖をとることができるようにしてあげた方が猫にとっては良いということです。とくに部屋の中が冷え込んでしまうのであれば、暖房をつけた方がいいでしょう。

WS000139

昼間であれば、そこまで気にする必要はないでしょう。人間と猫の違うところは、猫は暖を効率的にとることが得意です。(雪が降って部屋の気温が低くなりすぎるなら注意)

 

どういうことかというと、冬の寒い日でも日差しがあたって温かいところに移動して暖をとったり、ブランケットなどを上手く利用して暖をとったりすることができます。

 

部屋をガンガンに暖めてあげなくても、身体を温めることができそうなものがあれば、自分で見つけ出して暖をとることができるというのが、猫です。

 

ただし、日差しのあたらない夜や部屋があまりにも冷え込むときには、ちょっとした工夫をしてあげる必要があるでしょう。

WS000140

では、冬の寒い日の夜や、冷え込んでしまう部屋で猫が一人で留守番をするときには、暖房はどのようにしてあげていたら良いのでしょうか。子猫や老猫であれば、寒さにさらに弱いので、ストレスをかけないためにも暖房はつけっぱなしにしておいたほうがいいでしょう。

 

エアコンを使うのであれば、部屋の温度が20℃くらいになるように設定しておきましょう。

 

ブランケットやハウスを用意しておくと、自分でうまく保温できます。

 

冷たい空気は床付近に滞留しやすいので、ハウスやブランケットは床に直接置くよりも、少し高い位置に置いてあげると良いでしょう。

 

また、ハウスの中やブランケットの中には、より暖をとることができるように、湯たんぽなどを入れてあげると良いでしょう。猫専用の湯たんぽがペットショップで販売されていますし、湯たんぽがない場合には、ペットボトルにお湯を入れて代用しても良いです。

 

ホットカーペットは低温ヤケドがあるので、賛否両論あります。ストーブも危険なので飼い主さんがいないときには使わないほうがいいでしょう。

 

猫は、自分が火傷をしたことを気づきにくい動物なので、飼い主さんと一緒のときに使う方が良いでしょう。したがって、猫一人で留守番する際に、部屋全体を温めてあげたい場合には、エアコンの暖房の方がよいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ