猫が震える原因は?寒いから?恐怖で?病気かも!?

猫が小刻みに震える原因って知っていますか?単純に寒いから震えるのでしょうか?

 

恐怖や病気でも震える可能性もあるので要注意です。

スポンサードリンク

猫が震える原因は?

飼い猫が震えるというのは、とても気がかりで心配になってしまいます。そもそも、なぜ猫が震えるのでしょうか。

 

その原因ですが恐怖を感じている、病気、ケガという3つの可能性が考えられます。ただ、恐怖よりは、病気が原因の震えというのがもっとも多いので、猫が震えているのであれば、病気を疑ってみた方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

猫は寒さでは震えることは少ない

猫は寒さによって震えるということはほとんどありません。猫は寒さが得意な動物ではないのですが、寒ければ寒くなくなる方法を考える動物です。

 

寒くなった場合は震えることはせず、背中を丸めて、足と手足をくっつけ、丸くなって眠るという方法で寒さをこらえます。また、温かい場所を探し求めて移動するので、寒い場所にずっといて震えて我慢するということは考えにくいのです。

 

つまり、震えるほど体温が低下しているというのは、寒さというよりもほかの原因で体温が低下しているのです。(水に濡れたあとには、体温が下がるので寒くて震えているということはあります。

WS000118

猫が震えていたら病気の可能性

猫が震える原因として考えられるのは、病気や衰弱による体温低下があります。病気によって自分の体温の調節ができなくなるのです。

 

病気の原因として考えられるのは、内分泌系、神経疾患、代謝性疾患など様々な可能性がありますので、震えているからこの病気かなと考えるのは専門家である獣医に任せた方がいいでしょう。

 

また、感染症などによって熱が出ている時にも震えることがあります。猫を触ってみて体温が高いようなら熱が出ている状態です(人間も熱が出ている時には寒気を感じて震えるというのと同じです。)

 

食欲や元気が無い時に震えているのであれば猫の体を温めてあげて、安静にしてから近くの動物病院へ行くことがベストです。

WS000094

猫が震える原因 恐怖

震えるということは、意外かもしれませんが、恐怖や大きなストレスを覚えているのかもしれません。

 

猫は強いストレスを受けると、震える以外にも瞳孔が開く、耳やヒゲが後ろに向く、うずくまるなどがあります。また、恐怖を感じているときも同じような感じで震えますが、そのときに震えるのはあくまでも一過性の震えであるので、特に心配することはありません。

 

お風呂に入れたときにプルプルと震えるのも強いストレスを感じてしまっているからです。

 

いつまでの猫の震えが止まらない、というときは、病気を疑った方がいいでしょう。疲れているのかなと自己判断をするのは極めて危険です。

WS000063

猫が震える原因 ケガをしている

猫はどこかにケガをしているときにも、震えることがあります。骨折していたり、身体が痛い時には震えてしまうのです。

 

このときにも元気が無かったり、歩きたがらなかったり、食欲がないことがほとんどです。触ろうとしたら威嚇してきたりすることもあります。

 

こういった症状があるときにも早めに動物病院に連れて行ってあげましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ