猫の風呂上りはドライヤーは使う?嫌がるときの方法は?

猫のお風呂上りのドライヤーを使うのってたいへんですよね。これって必要なんでしょうか?

 

猫がどうしても嫌がるときの方法はどうすればいいのでしょうか?

スポンサードリンク

猫のお風呂上りのドライヤーは必要?

猫をお風呂に入れるだけでも大変な仕事ですが、お風呂上がりにドライヤーで乾かすのもなかなか大変な作業になります。

 

その為に、猫の風呂上がりはドライヤーを使用する必要があるのかと疑問に感じてしまう方も少なくないです。

 

しかし、体や被毛が湿ったままの状態が長くなってしまうことは、皮膚や被毛に対して悪い影響を与えてしまうことが考えられるので、できる限り早く乾燥してあげることが大事なのです。

 

夏場の暑い時期ならタオルドライをしっかりしてあげると自然乾燥するので大丈夫ですが、冬場の場合にはドライヤーによる乾燥は必要です。

スポンサードリンク

猫はなぜドライヤーが嫌い

しかし、お風呂好きな猫であってもドライヤーによる乾燥を嫌がる猫はたくさんいるので、お風呂が嫌いな猫なら余計に嫌がってしまいます。

 

なぜ猫はドライヤーを嫌がるのかというと、猫は人間の約10倍近い聴力があるためもともと大きな音が苦手で、ドライヤーや掃除機などの大きな音に驚いてしまうのです。

 

また、温風が体に当たることも猫にとっては驚く要因の一つで、こういった理由から猫は風呂上がりにドライヤーで乾かしてもらうことを嫌うのです。

 

その点を理解すると共に、風呂上がりのドライヤーの使用を嫌がる猫に対して、どのような対応策があるのかを知っておくと参考になります。

ws000301

猫がドライヤーを嫌がるときの方法

まずはドライヤーの時間がなるべく少なくてすむように、タオルドライはしっかりと行います。

 

猫は毛におおわれており、思っている以上に水分を含んでいます。タオルを何枚か使ってしっかりと拭いてあげましょう。

 

そして、風呂上がりにドライヤーを使用するのなら、ドライヤーの距離と方向・風の温度に配慮してあげることが必要です。

 

使用するドライヤーの熱や風が心地よいと感じる距離を見つけて、猫に対してはその距離よりも少し離して使用すると良いです。

 

また、猫の正面から風をあてるのではなくて、お尻や体の横の方からあてるようにします。

 

それから猫の皮膚は薄いので一部分だけに長時間あてると炎症を起こす危険性があるので、その点に注意してドライヤーをかけてあげることです。

 

とにかく、お風呂上りではないときに、ドライヤーを遠くから当てて嫌がらない距離や温度を探していく必要があります。

ws000296

また人間が使用するドライヤーではなくてペット用ドライヤーを使用するのもひとつの手段です。

 

人間用のドライヤーよりも温風の温度が低めに設定されていますし、音も静かなので多少は嫌がることを回避できる可能性があります。

 

コタツを利用するというのも対応策のひとつです。

 

コタツなら猫も嫌がることもなく喜んでくれるので、マイクロファイバーのタオルなど吸収力の強いタオルで拭いてコタツに入れてあげると良いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ