猫のフケが多い!取り方は?対策は?どうやって予防する?

猫のフケが多くなってきた場合、対策をとってあげなければなりません。フケが出る原因はいくつかあるのですが、今回は猫のフケが多い時の取り方や対策、予防方法についてまとめています。

 

猫のフケが多い場合の対策として、5つのことを紹介していきます。

スポンサードリンク

ブラッシング

1つ目の対策は、猫のブラッシングを行うということです。

 

ブラッシングによってフケや抜け毛を取り除くというだけではありません。ブラッシングは血行がよくなるので、皮膚を健康にすることができ、猫のフケを減らしていくことができます。

 

毎日優しく、続けてあげるといいでしょう。

スポンサードリンク

シャンプー

2つ目の対策は、猫のシャンプーを行うということです。フケが多い時は、週に1回はシャンプーをして清潔にしてあげるようにしましょう。

 

シャンプーは人間用を使ったりしてはダメです。なるべく低刺激の猫用のものを選んであげます。フケが少なくなってきたら、徐々にシャンプーの頻度を減らしましょう。

 

シャンプーをしっかりしてるのにフケが減らないという場合は、シャンプーのし過ぎで、乾燥させている可能性もあります。シャンプーしたあとは、しっかりとすすいですすぎ残しがないようにして、しっかりと乾かすように。

 

フード

3つ目の対策は、猫が食べているキャットフードを変えるということです。フードが猫に合っていないと、フケが多くなることがあります。栄養価の高い、ナチュラルなタイプのフードに変更すべきでしょう。

 

フードの素材が良いと胃腸の調子も上がり、皮膚の健康状態も良くなるので、フケは減ってくるはずです。おすすめは⇒シンプリーキャットフード

 

湿度

4つ目の対策は、猫も人間と同じようにお肌が乾燥するということがあります。

 

乾燥によって、フケが出ていることもあるので、お部屋の湿度を55パーセントから60パーセントに保ってあげるようにしましょう。年齢とともに皮膚が乾燥しやすくなって、フケが増えるということも。

 

猫の皮膚を保湿するスプレーも販売されているので、それも使ってみましょう。

WS000144

ストレス

5つ目の対策は、猫のストレスを解消してあげるということです。人間の頭皮と同じように、猫の皮膚もストレスによってフケが出ることがあります。ストレスによって皮膚の健康状態は悪くなっていくのです。

 

したがって、猫が感じているストレスを解消してあげることによって、フケの量が減っていくということがあります。

 

猫のフケを予防する

フケの量を減らすことができたら、フケがまた多くならないように予防してあげることが大切です。現在、フケが出ていない猫でも、予防してあげるようにしましょう。猫のフケを予防するためには、3つのポイントがあります。

 

掃除する

1つ目の予防ポイントは、猫の身の回りを清潔にしてあげるということです。猫でも、アレルギーによってフケが出ることがあります。

 

そのため、掃除機を小まめにかけるようにしたり、猫が使用するベッドや器を日頃から洗ったりして、清潔にしてあげるようにしましょう。特に、猫が使っている水入れやエサ皿については、毎日洗ってあげてください。

 

皮膚をキレイに

2つ目の予防ポイントは、皮膚の健康を保つということです。毎日ブラッシングを行って皮膚の血流をよくしたり、乾燥しないように保湿したりすることによって、猫の皮膚の健康を保ってあげましょう。

 

また、シャンプーのしすぎは厳禁です。フケが多いとき以外、猫のシャンプーは月1で留めましょう。

WS000133

ストレス発散

3つ目の予防ポイントは、ストレスを溜めないようにしてあげるということです。ストレスを与えない環境にするもの大事ですが、人間がストレスを発散するように、猫も定期的にストレスを発散させてあげましょう。

 

猫を全力で遊ばせてあげるのが一番です。疲れ果てるくらい遊んでストレス解消してみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ