なぜ猫は人にくっついて寝る・人の上で寝る意味って?

猫が人にくっついて寝るというのはよくあります。幸せを感じるのですが、上で寝ることもあるのでうれしいけど、重い・・・なんてことも。

 

いったい猫ってなぜ人にくっついて寝たり、上で寝たりするのでしょう。その行動の意味とは?

スポンサードリンク

猫はなぜ人にくっついて寝る?

猫が人にくっついて寝ることがありますよね。これにはどんな意味があるのでしょう。好きなのか甘えているのか、単純に寒いのか気になりますよね。

安心感からくっついて寝る

飼い主と長年暮らすことで、猫は人間のことを親と同等のものと認識するようになります。

 

つまり、なぜ人に猫がくっついて寝るのかといえば、安心感を求めて人間にくっついて寝るようです。

 

また、似たような理由で猫は習慣に基づいて生活するのですが、子猫の気分が抜けておらず、飼い主のそばにいた方が安心であると考えるので、暑くても寒くても猫は飼い主にくっついて眠るということがあります。

 

自分のものだからくっついて寝る

その他に、飼い主は餌をくれる大切な存在であり、また信頼できる存在なので、猫は飼い主を大切な所有物と認識するようになります。

 

つまり人間は猫にとって所有物、縄張りの一種になります。その縄張りを守るために、寝ているときにも一緒にくっついて眠るようになります。

 

さらに猫は夜行性になりますので、眠っている飼い主を守るという認識があります。無防備の飼い主を守るために猫はくっついて寝ます。

IMG_1831

暖かいからくっついて寝る

最後に、単純に人間が暖かいのでくっついて寝るということがあります。人間の基礎体温と猫の基礎体温を比べると猫の基礎体温の方が高くなりますので、その分、猫が寒がりなのです。

 

そこで暖かいに人間にくっついて寝ます。夏にもくっついてくるというときは、人間の基礎体温の方が低いので、涼をもとめて人間にくっつきます。

 

ただ、この場合は部屋の温度が暑すぎるということなので、クーラーなどをつけてあげなければ猫はダウンしてしまいます。

スポンサードリンク

猫が人の上に乗って寝る意味

猫に関しては、人間の近くで寝るということは人間を信頼している証拠です。特に人間の顔に近い場所で猫が眠るのであれば、人間のことを猫は非常に信頼している証拠です。

 

足元に近づくにつれて、人間への信頼度が低くなります。これはすぐに逃げることが出来るからだそうです。(離れて寝ているよりは、はるかに信頼を得ているのは間違いないです)

WS000132

では、人間の上に猫が乗って寝る意味ですが、これも猫の心理と非常に密接なかかわりがあります。お腹の上など人の上に乗って寝るというのは、飼い主を一番近くで感じることが出来る場所だからです。

 

座ったら膝の上にすぐに乗ってきたりするのも、信頼と安心を得られて、さらに気持ち良い場所をなでてもらえる最高の場所ということが分かっているのです。(寒いからということもあります)

 

とにかく、いえることは一緒に寝ているということは、飼い主のことをきちんと信頼していることの表れになります。信頼をしていないと猫は飼い主と一緒に寝ること自体嫌う生き物なのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ