猫の鼻水が透明・黄色・緑色のときには何が起こっている?

猫が鼻水を出していたら、風邪でも引いたのかなと気になりますよね。

 

猫の鼻水でも色が違うことがあります。鼻水の色が透明、サラサラ、黄色、緑色のとこには何が起こっているのでしょうか。

スポンサードリンク

猫の鼻水の色をチェック

猫がくしゃみをしたときに、鼻水を飛ばすくらいなら気にすることはないのですが、続けて鼻水を出している時には、必ず何か異常が起きています。

 

気を付けて欲しいのは、鼻水の色や状態です。濁っているのか、さらさらしているか、どろっとしているか、その様子によって、原因が違っているのです。

スポンサードリンク

透明の鼻水

さらさらして透明な鼻水は、風邪などの感染症の初期の可能性があります。また、季節によって出るようであれば何かのアレルギーの可能性もあります。

 

サラサラ透明が1週間も続くようなら、アレルギーと考えて間違いありません。透明から白っぽくなったり、黄色になったりと色が変化したなら、感染症であると考えましょう。

 

黄色の鼻水

鼻の粘膜で感染が起こると、鼻水が出ます。これは細菌やウイルスは異物なので、洗い流そうとするために出てくるのです。

 

そして、粘膜にくっついた細菌、ウイルスと戦うために、身体の免疫が働いて、白血球などを戦いに向かわせます。鼻の粘膜では免疫細胞とウイルス・細菌が戦い、どんどんお互い死んでいきます。

 

この白血球とウイルスや細菌の残骸によって鼻水の色が透明から、黄色になっていくのです。

 

緑色の鼻水

次に緑色の鼻水になっていたときには、猫に何が起こっているのでしょうか。

 

これは、黄色の鼻水のときよりも、白血球などの死骸が増えていくと、黄色から緑色へと変化するのです。透明⇒黄色⇒緑色というように、戦いがひどい状態へと進んでいると考えましょう。

 

人間では黄色や緑色の鼻水のときには、風邪の治りかけなんてことを言ったりします。これは間違いで、猫の場合でも黄色や緑色の鼻水のときには、鼻の粘膜で戦いが繰り広げられている状態です。

 

猫の鼻水に注意

黄色や緑色の粘り気のある鼻水の場合は、副鼻腔炎や、伝染病などで鼻の粘膜に炎症が起きている状態です。悪化するほど粘り気が強く、色も濃くなります。

 

鼻水が出ている状態のときには、他の症状も出ていないか確認しておきましょう。

 

  • 目やに
  • くしゃみ
  • 下痢
  • 食欲があるかどうか
  • 元気があるかどうか

 

まずは副鼻腔炎ですが、副鼻腔に炎症が起きると鼻水と一緒にくしゃみも出ることがあります。この場合は、なかなか治らず慢性副鼻腔炎になってしまうこともあります。

 

細菌やウィルスや刺激物などによって気管支炎が起きている場合にも、鼻水が出ますし、咳も一緒に出ます。

 

  • クリプトコッカス症
  • ヘルペスウイルス
  • ウイルス性鼻気管炎
  • カリシウイルス

 

などの感染症が考えられます。できれば鼻水以外にも症状が出ているのであれば、早めに病院へ連れていきましょう。

 

免疫力の弱い猫、特に子猫や老猫は、風邪といってもこじらせる可能性もあるので、栄養のあるものを食べさせたり、水分を摂るようにしながら安静に過ごせるように気を付けてあげたいです。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ